FC2ブログ
0c7ce81aa3329174.jpg

原題:「Lean on Pete」
久々に映画のこと。
馬が出てくるので、観てきました。






お話は…

15歳のチャーリーは父親と二人暮らし。
しかしこの父親、転居を繰り返すわ、職場の既婚女性を家に連れ込むわというダメ男。
チャーリーは学校へも行けず、やることといえば家のまわりを一人で走ることだけ。
ある日、家の近くにあった競馬場で競走馬を持っている男と知り合い、男の手伝いをすることになるチャーリー。
お金を稼げるし、Lean on Peteという馬の世話をすることで、つかの間孤独を忘れられる。
しかし、彼にもLean on Peteにも不幸な出来事が待っていた。
窮地に追い込まれたチャーリーは、幼い頃面倒をみてくれた伯母を探しに、馬とともに荒野を旅することになるのだが…。



425946.jpg

とにかくですね、主演のチャーリー・プラマー君がいい!
これから大人になる、その一歩手前の少年だけがもっているピュアな感じってあるじゃないですか。
その感じをとても自然に、滲み出てくるように演じてます。
だからこそ、彼が困難に遭遇するたび「こんないい子に、なにすんねん!」
と、小汚いおっさんでも感情移入してしまうんですわ。
そうだよねえ、辛いよねえ、なんて観てたのですが、他の映画でも彼のことを見たことがあるような気がしてきました。
終演後調べてみたら、「ゲティ家の身代金」で誘拐される息子の役を演じてました。
チャーリー・プラマー君、その映画の中でも耳を切り取られるという悲惨な目に遭ってましたわ💦
ま、この映画は耳を切り取られるようなハードな痛手は受けないので、大丈夫。
むさい上司の元で日々仕事をしてお疲れモードのOLさんに、是非おすすめします。
純真な少年(と美しい景色)は、きっとあなたの心をリフレッシュしてくれると思います。


leanstve2019.jpg

で、映画の原題でもあるLean on Pete。
競走馬ですが、サラブレッドではなくクォーターホースという設定。
劇中、馬のオーナー役のスティーブ・ブシェーミが「今はクォーターホースのレースをやっているところも少なくなった」と話すシーンがあり、ああそうなんだと、勉強になりました。


lean-on-pete-2017-008-charlie-plummer-chloe-sevigny-at-races.jpg

あと、女性騎手の役でクロエ・セヴィニーが出演してました。
えっ、こんなおば○んに…、いや、こんな素敵な大人の女性になっていたんですね。
内容は忘れましたが「ガンモ」のときの印象が強すぎて。
↓これ

9d2bf40e261f6da92d5e1f1da83d73eb563fccfa_hq.jpg

クロエ・セヴィニー演じるボニーが言います。
「馬を愛しちゃだめ。競走馬は勝たなきゃクビよ」
馬も辛いよなあ…。



スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://tony5555.blog44.fc2.com/tb.php/3356-c605612e