FC2ブログ

さて、その大好きな桜花賞。
昔は荒れるレースっていう印象があったけど、阪神のコース改修によって紛れが少なくなりましたね。






実際、人気薄で勝ったのはレジネッタとレーヌミノルぐらい。
単勝オッズ20倍以上つかないと買わない僕としては見送りが正解というレースなんですが、好きだからつい買っちゃうのよ。
ちなみに昨年は何を買ったか調べてみたら、フィリーズレビュー4着から参戦のアンヴァルでした。
結果は2、3、1人気で決まり、アンヴァルはビリでした(笑)。

今年は阪神ジュベナイルフィリーズ、チューリップ賞と王道を勝ち進んできたダノンファンタジー、彼女を新馬で破っているグランアレグリアが人気を集めそう。
力も2頭が抜けているような気がしますが、あえて不安要素を探せばダノンファンタジーは前走も行きたがっていたように、折り合いが難しい馬(それでも勝ちますが…)。
今回は外枠に入り、前に馬を置けない可能性が高いので、ガーッと行っちゃうと坂で息切れなんてことも?
グランアレグリアは名伯楽・藤沢調教師の管理馬とはいえ、朝日杯フューチュリティステークス以来のぶっつけが、どうなんでしょう?
仮にこの2頭が揃って飛んだ場合、勝たなくても3着までに来てくれれば複勝もそれなりにつくと思い、ちょっと穴馬を探してみました。

これまでの桜花賞、人気薄で馬券になった馬のタイプは、

○チューリップ賞でそこそこ来てるのに人気がない
○フィリーズレビューで連対しても人気がない

まあ、レジネッタやプリンセスジャックのように例外もありますが、だいたいこんな感じ。
昨年、僕が買ったアンヴァルはフィリーズレビュー4着でしたから、買っちゃいけなかったのだ。
そして、フィリーズレビュー組は阪神ジュベナイルフィリーズを走っていることが重要。
で、今年の出走馬でこのタイプに当てはまり、単勝オッズが20倍を超えそうなのが、

ノーブルスコア(チューリップ賞3着)
シゲルピンクダイヤ(チューリップ賞2着)←20倍はつかないかなあ…。
プールヴィル(フィリーズレビュー1着)

ノーブルスコアは乗り替わり、シゲルピンクダイヤはスタートダッシュが悪い、プールヴィルは今までのレースぶりから内枠がほしかった、などなど、それぞれ心配がありますが、まあ配当がいいならそのぐらいのリスクは仕方ない。
当日の気配とオッズを見て、どれにするか決めるつもりです。
あと、データ的には無視すべきなんですが、フィリアプーラがどうも気になります。
中山で見た末脚が脳裏に焼き付いています。
ローテーションからオークス狙いなのかもしれませんが…。



スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://tony5555.blog44.fc2.com/tb.php/3265-a313fce6