FC2ブログ
P_20190110_090616_vHDR_On.jpg

最終日の朝。
宿の部屋から見た向かい側の景色。
見てたらおっちゃんがベランダに出てきて、植物に水をやり始めました。








P_20190110_073418_vHDR_On.jpg

何はともあれ、朝食です。
初日に通り過ぎた「NHU LAN」へ行きました。
店の中で犬2匹を座らせて食事をする女性。
こういう大らかなところが東南アジアっぽい。
しかし、犬って食べ物をくれるまで大人しく待っていて賢いね。



P_20190110_073436_vHDR_On.jpg

ここでもバインミーを注文。


P_20190110_073554_vHDR_On.jpg

半分に切ってもらった。
「HUYNH HOA」のようにたくさん肉類は入ってないけど、これはこれであっさりしていて美味しかった。



P_20190110_073706_vHDR_On.jpg

蒲鉾のような物が入った麺類も食べた。
どこで食べてもスープが美味しい。



P_20190110_083157_vHDR_On.jpg

食後にカフェに寄った。
外の椅子に座りたかったけどいっぱいだったので、店内に。
中の方が涼しいけど、現地の人たちはみんな外がいいみたい。


P_20190110_083206_vHDR_On.jpg

ちょっとおしゃれなつくり。



P_20190110_090543_vHDR_On.jpg

ホテルに戻り荷造りをしているとき、クローゼットの引き出しを開けたら耳栓が入っていた。
たぶん就寝中の騒音対策だと思う。
幸い我々の宿は静かだったけど、ネットの口コミによると深夜まで鳴り響く音楽のため耳栓がないと眠れないホテルもあるらしい。







P_20190110_100645_vHDR_On.jpg

荷物を宿で預かってもらい、近くにあるホーチミン市美術博物館へ。



P_20190110_102704_vHDR_On.jpg

趣のある建物です。



P_20190110_102653_vHDR_On.jpg

コスプレをした女性(だと思う)をカメラマンが撮影してた。



P_20190110_111323_vHDR_On.jpg

エアコンがなく、窓が開いています。
真夏の昼間は暑そう…。



P_20190110_111556_vHDR_On.jpg

空いてるし、料金安いし、建物を見るだけでも元はとれます。

帰りの便は日付が変わるころの出発。
まだまだ時間はあります。
どうするよ~。
すると、普段マニキュアなんてしない豆狸が「じゃあ、ネイルでもやろうかな」と。
さっそくネットで探すと、ネイル横丁と呼ばれている所があるらしい。



P_20190110_134252_vHDR_On.jpg

ピンクの服の人がいる奥がそうらしい。
おそるおそる入ってみると、両脇にずらりとお店があって、客引きのお姉さんが声をかけてきます。
まあ、「どこも同じでしょ」と、僕がやるわけではないので無責任に言うと、豆狸も「そうね」と言い、なんとなく一番奥の店に決めました。



P_20190110_122024_vHDR_On.jpg

豆狸がネイルをしている間、僕はフットマッサージをお願いしました(というか、お姉さんに「やれば?」と勧誘された)。
すると、ぬるま湯が入ったバケツに足を入れるように言われ、皮膚が柔らかくなると、お姉さんがヤスリのようなもので足の裏の垢すりを始めました。
いやあ、出るわ出るわ、垢が。
あまりの量にお姉さんが僕の顔を見て苦笑いしていました。



P_20190110_130001_vHDR_On.jpg

忘れたけど、値段はとても安かった。
でも、クオリティはそれなりだと思う。



P_20190110_130717_vHDR_On.jpg

ネイル横丁の奥にあったレストランで昼食。
その後、雑貨屋さんを見たり、ショッピングセンターを覗いたりしましたが、特にほしいものもなく…。
ブラブラするのも疲れてきたし。



P_20190110_162834_vHDR_On.jpg

つーことで、予約なしの飛び込みでスパに。
店内には待っている人が数人いて、すぐにできるのはヘッド&ショルダーだけと言われました。
もちろんそれでOK。
30~40分ぐらいのお手軽コースでしたが、あまりマッサージが得意じゃない我々としては十分。
お値段も40万ドン(一人1000円ぐらい)と日本に比べたら安いんでしょうね。



P_20190110_180020_vHDR_On.jpg

ようやく夕方になってきたので、ちょっと早いけど夕飯にしようと、宿の前にあった「Secret House」というレストランへ。
レモングラスと蛤。



P_20190110_181553_vHDR_On.jpg

なんかの葉っぱ。



P_20190110_190845_vHDR_On.jpg

お米と豚バラ。
とても雰囲気のいい店だった。

レストランを出て、目の前にある宿に行き荷物をピックアップして、バス乗り場まで歩きました。
行き先別に乗り場がいくつかあって、空港行きはどれかなと迷っていると、男の人が「エアポート?」と話しかけてくれて、乗り場へ案内してくれました。
うん、ほんと優しい人が多かったな、ホーチミン。

あまり下調べをせず無計画に来てしまったので、ほとんど食べて歩くだけの旅行になったこともあり、正直もう一度行くかと聞かれたら「?」だけど、人の良さとバインミーの美味しさは間違いないと思います。


終わり

スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://tony5555.blog44.fc2.com/tb.php/3257-41151ef3