FC2ブログ
P_20190109_175119_vHDR_On.jpg

東南アジアの都会にはルーフトップバーがたくさんありますよね。
ホーチミンも例にもれずいくつもあるみたい。








僕は夜景とか興味ないんだけど、まあやることもないし、行ってみることに。
早い時間はハッピーアワーで安いという情報をどこかで読んだので、Chill Skybarというバーに。


P_20190109_173806_vHDR_Ontanu.jpg

「予約の人が来たら席を移ってね」と言われましたが、眺めのいい席に案内してもらいました。
まあ、長居しないから。
1月のホーチミン、夕方は風が心地よい。



P_20190109_181850_vHDR_On.jpg

日が落ちるとこんな感じ。



P_20190109_181314_NT.jpg

ヘッドライトの明りでどんだけ渋滞しているか、よくわかる。


お客さんが増え始めたころ、我々は退散。
どこというあてもなく街を歩きました。
するとなんだか香ばしい匂いが漂ってきます。
匂いがする方を見ると、道端でおばちゃんが炭火で肉を焼いていました。


P_20190109_200439_vHDR_On.jpg

おばちゃんの脇にあった店がこれ。
ちょうど席が空いていたので「あれちょうだい」とおばちゃんが焼いている肉を指さして椅子に座りました。



P_20190109_195103_vHDR_On.jpg

出てきたのがこれ。
タレをつけて焼いた豚肉かな。
すげーうまかった。



P_20190109_195107_vHDR_On.jpg

豆狸が注文したのがこれ。
肉と野菜の炒め煮みたいなもの。
お店のお兄さんに「どこから来たの?」と訊かれたので、ジャパンと答えると、そうかそうかといった感じで頷かれた。

その後、前日と同じ爆音ストリートに出たけど、もう騒々しいのはいいやと思い、到着した朝にコーヒーを飲んだホテル前にあるカフェに。


P_20190109_203252_vHDR_On.jpg

(思いっきりピンボケした)モヒートを注文。
初日にも担当してくれた感じのいい店員さん、僕らが日本人と覚えていたのか、「柚子のリキュールを入れて作ったよ!」とわざわざボトルを持ってきて見せてくれた。

今回の旅行で一番印象に残ったことは、どこのお店でも若い店員さんの接客がとてもよかったこと。
フレンドリーで、英語はペラペラ(ペラペラ過ぎて、僕はわからないことが多かったけど)。
そしてみんなとても楽しそうに仕事をしてた。
こんなこと言ったら申し訳ないけど、行く前はまったく期待していなかったので、ベトナムのイメージがちょっと変わりました。


つづく





スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://tony5555.blog44.fc2.com/tb.php/3253-5295aab4