FC2ブログ
P_20180910_223704.jpg

羽田空港にあったお菓子コーナー。
日本のお菓子は人気あるでしょうね。
みんなけっこう買い込んでいた。







さて、ジョグジャカルタの空港(アジスチプト国際空港)に到着しました。
まあ、この空港の小さいこと、小さいこと。
もう、ほんとなんもない(後日、その理由が判明するが)。

現金を持っていないのでATMを探すも見つからず。
係の人に訊いて、ようやく端っこにあるドアの向こうに発見。
「いくら下ろす? 10万ルピア?」と豆狸。
えっと1インドネシアルピアは、0.0075円ぐらいだから、

それじゃあ、750円だよ…
つーことで、100万ルピアをキャッシング。

この日は空港にほど近いプランバナン遺跡をまず見学。
そしてボロブドゥール付近の宿泊先へ移動という計画でした。
で、プランバナンへはトランスジョグジャという路線バスが空港から出ているはずなのですが、その乗り場が見つかりません。
うろうろしてると、待ってましたとばかりにタクシーの運転手が寄ってきます。
「ボロブドゥール? マリオボロ?」と声をかけてきます(マリオボロはジョグジャカルタのメインストリート名)。

バスを使うつもりだったので、最初は「No、No」と無視していたのですが、乗り場は見つからないし、暑いし、荷物もあるし。
それに遺跡を見たあとはタクシーで移動しようと思っていたので、まあ、ちょっと話を聞くかと足を止めました。
で、プランバナンに行って、2時間ぐらい見て、そのあとボロブドゥールのホテルへ行くけど、いくら? と訊きました。
「50万ルピア」と運ちゃん。

アジア圏の乗り物はだいたい交渉制。
これが面倒だという人もいますが、僕はたいして苦になりません。
というのも、ツーリストは基本ボラれるもんだと思っているから。
そもそも相場もわからないし、自分の感覚でべらぼうに高いと判断したら断ればいいんだし。
ま、でも一回は「高いよ~」と言います。
これは礼儀みたいなもんと勝手に考えてます。

じゃあ、いくらならいいんだよ、とスマホを計算機の画面にして渡す運ちゃん。
300,000と打って返すと、そりゃ無理よーという顔で、
「これは空港からボロブドゥールへ行くだけの金額よ」と言います。

ほほーっ。そんなに吹っかけてないなあ。
さっき相場はわからないと書きましたが、実は宿泊するホテルから「もし迎えが必要なら30万ルピアで用意しますよ」というメールを受け取っていたのです。
じゃあ、40万と言うと、う~んという顔。
そして「45万。これで私もあなたもハッピーだよ」と。

いや、我々はそんなハッピーじゃないよ。
5万ルピアしか安くなってないし。
まあ、でもいいか。
早く出発したいし。
「OK。Deal!」と握手して、彼の車に乗り込みました。


つづく



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tony5555.blog44.fc2.com/tb.php/3062-e389ffc4