FC2ブログ
danone-kToH-U50222312137oVE-624x385@La Verdad

今週は天皇賞だけど、なんだか自分は盛り上がれなくて…。
昔は好きなレースだったんだけどなあ。




先日も書きましたが、平成になってから、皐月賞で2着に2馬身差以上つけて勝った馬
ミホノブルボン
ナリタブライアン
ディープインパクト
キャプテントゥーレ
オルフェーヴル
ゴールドシップ
エポカドーロ←New

キャプテントゥーレ(未出走)、ゴールドシップ(5着)以外はダービー馬に。
では、今年も! とは素直に思えないんですよねえ。
ま、なんとなくなんですが。

今年の皐月賞、1~4着までにディープインパクト産駒はいませんでした。
ディープインパクト産駒の最上位は5着のキタノコマンドール。
今春の中山の芝は良馬場でもちょっと力のいる馬場だったような気がします。
そのあたりが影響したのかも。
やっぱりディープインパクト産駒はパンパンの良馬場で力を発揮すると思うんです。

週中にはまとまった雨が降りましたが、先週見た府中の芝は、そりゃもうきれいな緑色の走りやすそうな芝でした。
ダービーはまだ先なのでどうなるかわかりませんが、このままあのコンディションが保たれれば、ディープインパクト産駒の巻き返しは十分考えられるのでは?

では、どの馬?
皐月賞組のディープインパクト産駒は前述のキタノコマンドールと7着のワグネリアン。
キタノコマンドールは新馬(1着)→すみれS(1着)→皐月賞(5着)。
過去20年を調べてみたのですが、重賞連対実績がなくてダービーで3着まできた馬は3頭のみ。
1998 3着 ダイワスペリア―(プリンシパル2着)
2000 3着 アタラクシア(すみれ1着、皐月9着)
2001 3着 ダンシングカラー(ベンジャミン1着)
優勝した馬は1996年のフサイチコンコルド(新馬→すみれS)まで遡らないといません。
はたしてキタノコマンドールがそこまでの器か?

1番人気に推されていたワグネリアンは東京の実績もあるし、軽い馬場になれば好走もあり得るでしょう。
しかし、デビューからほとんど馬体重が同じ。
増えればいいとはいいませんが、成長力という点でどうなんでしょう。

ということで、今年は別路線のディープインパクト産駒のような気がするんですよね。
ところが、いっぱいいるんですよ。
明日の青葉賞にも7頭がゲートイン。
京都新聞杯にもフランツが出走予定。
そして僕的に大きな問題として、別路線で権利を取って出てくるディープインパクト産駒は、本番でもそこそこ人気になる!
単勝オッズ、20倍はつかないですよねえ…。

あ、1頭忘れてた。


ダノンプレミアム
これこそ出てくれば1番人気だっつーの。

ということで、、ダービーの馬券は考察とは別の馬を買って、またハズレるんだろうなあ…。


スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://tony5555.blog44.fc2.com/tb.php/2883-8bb566ce