FC2ブログ
philadelphia-eagles-team-record-800x445.jpg

初めてのNFL観戦。
いやあ、楽しかった。
最後の最後まで勝利の行方がどちらに転ぶかわからない、いい試合でした。








ラムズとイーグルス、僕はどちらのファンでもないのですが、まあホームゲームだし、一応ラムズ応援というスタンスで見てました。
時間はびゅーんと飛んで、試合は残り1秒。
2点ビハインドのラムズは最後のプレーに望みをかけますが、相手ディフェンスにボールを奪われ、逆にタッチダウンを許してしまい、ファイナルスコアは35-43でイーグルスが勝ちました。
アウェイながらけっこう来ていたイーグルスファンは大盛り上がり。
ファン同士ハイタッチしたり、グループで歌を歌ったり。

そして、これは試合中のことなんですが、興奮した2人組の男性が薄い箱に入ったピザ(10ドルで売っていた)を「これ欲しい人?」って言いながら、手を挙げた人に何個も投げていました。
前回も書きましたが、アメリカ人はスポーツを楽しむ天才であり、バカ(いい意味でよ)なんですね。
さらに、その2人組、投げ足りないのか、なんと売り子さんが首からかけているボックスを自らの首にかけ(すべて買い取ったのか?)、その中にあるピザを次から次へと投げまくってました。
売り子さんは呆れた顔をしてましたが、全部買ってくれれば文句なし。
しかし、金も持ってるなあ、アメリカ人。

とまあ、そんなクレイジーな人たちも見られたし、満足しての帰り道。
電車の中は、これまた満足気なイーグルスファンがたくさん同乗してました。
ほんと、根っからのスポーツ好き、しかも日本人みたいに黙って大人しく電車に乗るなんて習慣はないのでしょう。
同じ緑のユニフォームを着ていれば、初対面でもあーでもない、こーでもないと、今日の試合の話をしています(英語が得意ではないので、あくまで推測)。

で、わからないながらも、何を話しているか気になるんで耳をダンボ状態にしていると、
A「ウェンツ、どこ行っちゃったんだよ?」
B「ここにいるよ」→ウェンツの名前と背番号のユニフォームを着た友人を指さす
A「ワハハ(笑)。しかし、プレーオフ、フォールズで大丈夫かよ?」
B「どうかなあ…(渋い顔)」

と、このような会話をしていました(すべて推測)。
実はこの日の試合で、ここまで大活躍だった2年目のクォーターバック、C.ウェンツが怪我をしてしまい、途中からゲームに出られなかったのです(後に膝の十字靭帯断裂と診断され、残りのシーズンもアウト)。
で、ゲーム後半は控えのQBであるN.フォールズが出場していたのです。

確かに今日もウェンツ凄かったし、そりゃあ比較したら不安になるよなあ、と僕も思ったその瞬間、近くの座席に座っていた老婦人が突然、彼らに向かって話し始めました。
もちろん、正確にはわからなかったのですが、
・フォールズは(なんかの)記録を持っている
・フォールズだって凄い
・だからフォールズを応援する
てなことを婆ちゃんは話していると推測いたしました。

もともとN.フォールズはイーグルスの正クォーターバックだったのですが、その後トレードで出され、今シーズン再びイーグルスにバックアップQBとして戻ってきていたのです。
後日調べたら、2013年に1試合7タッチダウン成功というNFL(タイ)記録を達成、同時にパーフェクトQBレーティングをあげた史上初の選手でした。
婆ちゃんはそのことを言っていたのでしょうけど、もう4年前のことだしなあ…。

ところが、僕が日本に帰ってからもイーグルスはN.フォールズでプレーオフを勝ち進み、2004年以来のスーパーボウルに進出。
そして、下馬評では不利と予想されていましたが、王者ペイトリオッツを破り、スーパーボウル初制覇を成し遂げたのです。
MVPとしてトロフィーを誇らしげに掲げたのはN.フォールズでした。

婆ちゃん、やったぜ!



(つづく)

スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://tony5555.blog44.fc2.com/tb.php/2838-61e91f95