P_20171210_131838.jpg

シャンプーを没収されるアクシデントはありましたが、ラスベガスを飛び立った飛行機はあっという間にロサンゼルス空港に到着。
陽気な運ちゃんのウーバーでホテルまで移動、荷物を預けて地下鉄の7th Street駅からロサンゼルス・メモリアル・コロシアムへ向かいました。
ロサンゼルス・ラムズ対フィラデルフィア・イーグルスのアメフトを見るためです。





二度のオリンピックの主会場となったロサンゼルス・メモリアル・コロシアムは歴史のあるスタジアムです。
最寄り駅のExpo Park/USCに近づくにつれ、ホームチームのラムズのユニフォームを着た楽しそうなファンが増えてきて、僕も気分が上がっていきます。

意外にしょぼい駅を降り、ユニフォーム姿の人たちに付いていくと、スタジアムの周りはチョー盛り上がっています。
あちらこちらでBBQをやっていて、みんなビールがぶ飲み。
なかにはターンテーブルを設置してDJプレイ、音楽にあわせ踊りまくりなんてグループも。
ほんと、アメリカ人って、スポーツを楽しむ天才、そしてバカですね。

まだ試合開始まで時間がありましたが、とりあえずゲートを通ろうと列に並びました。
ボクシング会場同様、ここでも日本と比べればセキュリティはかなり厳重です。
前もって調べておいて知っていたのですが、NFLの会場にはデイバッグのたぐいの鞄は持ち込めません。


bag_image_v3a_1371166608.jpg

荷物はこのような透明なバッグに入れなければなりません。
(会場にも売っているとネットで読みましたが、ダイソーで似たようなものを買っていきました)
実際、透明ではないバッグを持った人が入場拒否されている場面を見ました。
また、ペットボトルや食べ物もダメと思っていましたが、このようなバッグに入れてあれば大丈夫そうでした。
ゲート内の売店はものすごく混んでいるので、事前に買っておく方がいいかも。
なんでもけっこう高いし…。

係の人にチケットを見せ席を教えてもらい着席すると、前列には1999年にスーパーボウルを(セントルイス)ラムズが優勝したときの主力選手であるマーシャル・フォークのユニフォームを着た方が座っていました。
しかし、場内は思った以上にイーグルスファンも多く、チームカラーの緑のユニフォームもけっこうな割合で見かけました。
ラムズは2016年から22年ぶりにロサンゼルスに戻ったこと、また同じロサンゼルスにチャージャーズというチームもあるということ、そんな理由からまだそれほどファンが定着していないのかもしれません。
そして、なによりラムズは、このところずっと弱かった…(2016年は4勝12敗)。

ところが2017シーズンは、この日まで9勝3敗、地区優勝に届きそうな好成績。
対するイーグルスは輪をかけて絶好調で、10勝2敗。
初めてのNFL観戦ですが、好ゲームの予感にワクワクでした。
そしてついにキックオフ!


つづく




スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tony5555.blog44.fc2.com/tb.php/2826-1ef5bde0