FC2ブログ
APX-LAX-2-Final.jpg


ネットであまり調べない、と言いながらも久々のアメリカ旅行なので、ちらっと覗いていたら、
入国に際し「ロサンゼルスは審査が厳しい」とか「時間がかかる」という文をよく見かけました。






9.11以降、アメリカ全土で入国審査は厳しくなっているでしょうし、ましてロサンゼルスは大きな都市ですからね。
ということで、乗り継ぎの時間はたっぷり取っておきました。

SQ012便 成田発 18:50 → ロサンゼルス着 11:50
VX1488便 ロサンゼルス発 15:46 ラスベガス着 16:51

↑ こんな感じです。
さすがに、4時間はちょっと長過ぎるかなあ、なんて思いました。
しかし、出発が遅れることもあるだろうし(昔、スペインに行った時、出発が3時間遅れた)、仮に時間が余ったとしたら昼飯でも食べればいいや、なんて考えていました。


P_20180110_123652.jpg

機内食のメニューがかわいい。
シンガポールエアラインは70周年なんですね。


seifuku001s2017.jpg



CAさんの制服を見たり、飯食ったり、ワイン飲んだり、飯食ったり、寝てたりしていたら、定刻に到着。
まあ、時期とか曜日とかにもよるんでしょうが、入国エリアはそれほど混雑している様子ではありません。
で、おいらたちはどこへ並ぶのかなあなんて、ちんたら歩いていたら、女性の係員にこっちと手招きされました。

そこには最初の写真のような機械がありました。
はは~ん、これが「APC KIOSK」(自動入国審査端末)ってやつね。
しかし、ネットで見た情報だと、これを使って入国できるのは、「ESTA取得後、米国入国が2回目以降の方」とあったので、僕らは対象外だと思っていました。
で、「Everybody?」と係の女性に言うと、こっくりと頷きました。

ああ、じゃあ、とりあえずやりますよってんで、タッチパネルを見ると日本語も選択できるようになってました。
あとは指示にしたがって、パスポートを読み込ましたり、必要事項を入力、するとレシートが出てきます。
そのレシートを持って、入国審査員のいるゲートに進みます。
APCで入力しても、やはりそのままでは入国できませんでした。

さて、いろいろ訊かれるのかなあ、なんてビビッていると、
「何しに来た?」
「観光であります」
「何日?」
「4日であります」
「Next!」

えっ? 終わりっすか?
昔と全然変わってないじゃん。
つーことで、飛行機を降りてから30分もかからず入国完了。
ラスベガス行きの飛行機まで3時間以上あります。
到着前に機内食も食べたし、お腹もすいてない…。

まあ、こういう時は一人旅より話相手がいるほうが気が紛れますね。
あと、スマホもありがたい。
空港はたぶんWi-Fiが飛んでいるんでしょうが、今回は成田でルーターを借りました。
豆狸と共用で使うので大容量プラン5日間で2900円でした。

ぐだぐだと時間を潰し、15:30過ぎにようやく搭乗。
機内はほぼ満席でした。
乗ってしまえば、1時間ほどでラスベガスです。
窓から見える夕暮れの景色がとても綺麗でした。


つづく

スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://tony5555.blog44.fc2.com/tb.php/2754-7eaa709c