FC2ブログ
2017.11.10 意外な展開
よくあるんですよね、トイレに座ってるときに宅配の人が来たり、家の電話が鳴ったり。
先日も頑張っているときに電話の呼び出し音が聞こえました。
どうせ何かの勧誘だろうな…。




トイレから出て留守電の再生ボタンを押すと、女性の声で、
「イオン銀行金融情報セキュリティ室の○○と申します」と。
いやあ、イオン銀行なんて用事無いし、これ新しい詐欺? なんて思い、折り返し電話してほしいという番号をネットで調べたら、あらほんとにイオン銀行だわ。

なんだろう、まあ暇だし電話してやっか、と電話すると、
「tonyさん、お電話ありがとうございます。こちらからかけ直します」と言われたので受話器を置きました。
「あれっ、ひょっとして…」

そう、枝付き干しぶどう詐欺で騙されてお金を振り込んだのがイオン銀行だったのです。
枝付き干しぶどう その1
枝付き干しぶどう その2
枝付き干しぶどう その3
枝付き干しぶどう その4

折り返しかかってきた電話の内容は

・詐欺に使われた口座は凍結した時点で47万円ほどの残があった
・その残金を被害にあった人に分配するので申請書を送ってほしい

とのことでした。
まあ何人の人が被害にあったのかわかりませんし、もともと騙されたお金も3108円なんで、全額戻ったとしても飛び跳ねるほど嬉しいという感じではありません。
それでも、あの時、銀行に連絡しておいて損はなかったんだなあと思います。

騙された僕らもそうですが、詐欺に使われたというだけで、電話かけたり、お金を返金したり(手数料も銀行もちだよね?)、大変な労力を使うことになったイオン銀行も災難っすね。


スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://tony5555.blog44.fc2.com/tb.php/2680-c4bc5c0a