FC2ブログ
f03a580da50cae96.jpg

「セロン姐さん、どこへ行くんですか…?」
「野暮なこと、訊くんじゃないわよ!」






お話はというと…

冷戦末期、ベルリンの壁崩壊直前の1989年。
西側に極秘情報を流そうとしていたMI6の捜査官が殺され、最高機密の極秘リストが紛失してしまう。
リストの奪還と、裏切り者の二重スパイを見つけ出すよう命じられたMI6の諜報員ロレーン・ブロートンは、各国のスパイを相手にリストをめぐる争奪戦を繰り広げる。(映画.comより)

映像はスタイリッシュだし、音楽も80年代おなじみの曲でいいんですが、ほら、僕は頭が悪いんで、スパイものはどっちがどっちで、誰が誰の味方なのかわからなくなっちゃうし、いまいちノリ切れなかったんですが…。


セロン姐さん、カッコイイっす!

「マッドマックス 怒りのデス・ロード」のフュリオサ役では丸坊主でしたが、今回は題名どおり金髪を振り乱して大活躍。
ドレス姿に着替えれば、めっちゃ鍛えてますって言わんばかりの二の腕と背中にほれぼれさせられます。
映画終盤のアクションシーンでは、屈強な男達相手に殴ったら殴られ、投げたら投げられ、ほんとよくやるよなあと笑っちゃうぐらいの乱闘シーンに大興奮です。

僕は「あの日、欲望の大地で」で、過去の過ちに苦悩しつつ生きる女性を演じた彼女が強く印象に残っているのですが、プロデューサーも兼ねている「アトミック・ブロンド」を見ると、今後も男どもをぶちのめす路線で行くんでしょうね。

ついて行きますよ、姐さん!



スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://tony5555.blog44.fc2.com/tb.php/2677-52845f9a