dekamori.jpg

午後のロードショー、7月の木曜日は“夏のデカ(刑事)盛り”だそうです。
ということで、福島競馬場からの帰り道、デカ盛りで有名(らしい)「阿Q 西那須野店」に寄ってみたのです。


そもそも若くないんだし、デカ盛りの店なんか行かなくていいんです。
ほら、栃木にはブランド牛肉もあるし、ステーキなんかすてーきじゃないですか。
でもですね、馬券が散々だったのに、そんな贅沢をしていいのか。
いや、いかんだろう。今こそ初心に帰るのだ。
ハングリー精神を取り戻せ!

なんてことは別に考えてなかったのですが、車の後部座席でまったりスマホで検索していた僕が、ちょっとネタ的に面白いかなと推薦したのです。
同行していたHATA氏に食べ○グの点数を訊かれたので3.2と答えると、
「3.0は微妙ですが、3.2ならいいかもです」とこれまた微妙な賛同を得たので、高速を降りて店を目指しました。



P_20170709_182915_vHDR_Auto.jpg

阿Q 西那須野店です。
結構駐車場も広く、車も何台か停まっていました。
店もテーブル席のほか、座敷もあり広々しています。
「お荷物がたくさんお有りならお座敷へどうぞ」と言われたので、靴を脱いで上がりました。

メニューを見ると、品数があること、あること。
悩んだ末、豆狸が合盛り(ご飯とかた焼き麺の両方がのった中華丼)、僕がラーメン、めーじん様が冷やし中華、HATA氏が肉丼に決め、その他に餃子1皿、野菜炒めをオーダーしました。



P_20170709_184048_vHDR_Auto.jpg

最初に来たのが豆狸の合盛り。
ちょっと写真だとわかりづらいですが、かなりの量です。
写真を撮っている間に次々注文した品が運ばれ、そのたびに一同「おーっ!」と声をあげました。
(食べるのに集中していたため、その他の写真はなし)

圧巻だったのは、HATA氏の肉丼。
その盛り上げ方を見た豆狸は笑っておりました。

比較的楽にいけそうだろうと踏んでいた僕とめーじん様の麺組でしたが、通常の倍はあろうかという麺の量に苦戦を強いられるもなんとか完食。
豆狸の合盛りも僕が少し手伝い食べ終わりました。
難攻不落かと思われた肉丼でしたが、HATA氏は一歩一歩山頂を目指すかのようにご飯と肉を口に運び、あっぱれまさかの完食を果たしたのでした。
そして、空になった丼を見て、めーじん様がポツリと呟きました。


「この丼、うちで使ってるのと同じなんだよなあ」
感心するのはそっちか…。

一息つき、店内を見渡すと、ほぼ満席。
一つ残った餃子に誰も箸を伸ばそうとしないので、そろそろ会計です。
「割り勘でいいよね」とめーじん様がレジに行くと、

「ちょうど、4000円です」。

割り勘も簡単な、地元民に愛されている町中華でした。
※大盛りを注文する人を見てみたい。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tony5555.blog44.fc2.com/tb.php/2545-ed15da90