FC2ブログ
P_20170617_104134_vHDR_Auto.jpg

ホテルをチェックアウトして向かったのは四国カルスト。
こちらも前日、宿の人にどの道がいいか訊きました。









自分が思っていたのと違う道を提案されたのですが、
「こちらの方が早く着けますし、道もいいですよ。最後、ちょっとだけ狭いですけど」と。

わざわざ教えてくれたのですから、その道を行くのが人として正しい道。
実際、快適なドライブだったのですが、残りわずかとなったところでの県道は、運転が下手っぴな僕には肝試しのようでした。

ほんとに車1台分の道幅しかなく、いやあ、これじゃどうやってすれ違えばいいのよ。
お願いだから対向車、来ないで! と祈りつつハンドルを握る手のひらにはじんわりと汗が。
祈りが通じたのか、そもそも車の数が少ないのか、幸いにも対向車は1台も現れず、無事に四国カルストに到着しました。

※カルスト地形(独: Karst)とは、石灰岩などの水に溶解しやすい岩石で構成された大地が雨水、地表水、土壌水、地下水などによって侵食(主として溶食)されてできた地形(鍾乳洞などの地下地形を含む)である。(ウィキより)



P_20170617_102254_vHDR_Auto.jpg

※四国カルスト(しこくカルスト)は、愛媛県と高知県との県境にあるカルスト台地。標高は約1,400m、東西の幅は約25km。(ウィキより)



P_20170617_102634_vHDR_Auto.jpg

見晴らしがよろしい。何にもないからね。



P_20170617_104030_vHDR_Auto.jpg

放牧されている牛と会話する豆狸。



P_20170617_105639_vHDR_Auto.jpg

あの牛たちの乳かどうかはわからないけど、ミルク味のソフトクリームを食べて次の目的地へ出発しました。



P_20170617_132802_vHDR_Auto.jpg

着いたのは須崎という港町。
お昼ご飯を食べます。



P_20170617_125628_vHDR_Auto.jpg

須崎名物、鍋焼きラーメン。
がろ~、という喫茶店でいただきました。
店内に蛭子能収さんのサインが飾ってありました。
店名が“がろ~”だけに“ガロ”つながりか!?

雲が出てきましたが、気温は高めだったので、汗をかきつつ麺をすすりました。
なかに鶏肉が入っているんですけど、それがいい仕事をしてるんでしょうか、美味しかった。

そういえば、蛭子さんの漫画に出てくる人ってみんな、Uの字を斜めにしたような汗かいてるよね。

(つづく)

スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://tony5555.blog44.fc2.com/tb.php/2521-45e83a09