FC2ブログ
bandai-h110708L.jpg


6日目 写真館に行く
変身!










すごく間があいてしまったけど、まだやります台湾編。

猫村から台北に戻り、向かったのは「阿法写真館」。
いわゆる変身写真を撮ってくれるところです。

僕ら、旅行に行っても自分たちの写真ってほとんど撮らないのですが、
これって日本人の特性なんでしょうか。
他のアジア圏の人たちって、風景を撮影するときでも絶対自分たちを入れますし、
しかも女の人は、これでもかってくらいポーズを決めますよね。見てるとちょっと笑っちゃう。

対して、豆狸は「本当の自分を思い知らされる」と言って、
写真を撮られることが嫌いです。
だから、まともな写真が一枚もないんです。
「きれいに撮ってくれるから大丈夫だって。
それに、そもそも狸なんだから、化けるの得意じゃん」と説得、
僕が日本から予約しちゃいました。

で、スタジオ到着。
他に3組くらいの先客がいました。オール日本人でした。
さっそく服を選んでメイクです。
鏡に映る豆狸を横目で見て、僕は思いました。

「ああ、狸はいくら化けても狸だなあ。
というか、

panda_cute.jpg

パンダ?

「付けまつげ、はじめてつけた。しかも3枚もだよ!」
と、ふだんしない厚化粧に豆狸自身もびっくりしています。

で、撮影。
女性カメラマンが日本語で「首、傾ける」とか「もっと笑う」とかポーズを指示し、
パパッとシャッターを切り、はいおしまい。
メイクに要した時間と比べるとあっという間でした。

翌日には帰国なので、写真のセレクトはお店のひとにお願いして、
まあ、こんなものかなあ、でもけっこう楽しかったねと、スタジオを後にしました。

3週間ほどたったある日、台湾からモノが届きました。
それほど期待していなかったのですが、
アルバムを開いてみると





DSC_9800.jpg


「えっ、これ誰ですの?」



DSC_980614.jpg

フォトショップ、恐るべし…(違うアプリケーションかもしれませんが)。
とにかく、ものの見事に補正してます!

豆狸に見せたところ、すごい、すごいと興奮。

DSC_9844.jpg

「え~っ、私って腕細い♡」
「いやいや、よく見てみ。削ってあるから」
「…。」

一緒じゃないと行かないと言われていたので、
一応、自分も変死、じゃない、変身してみました。

DSC_9862447.jpg

ま、男がやると間抜け以外の何ものでもございません。

ということで、女性の方は(狸でもキツネでも)とても綺麗に変身させてくれますので、
一度試してみるのもいいかもです。
けっこうなお値段ですけど。






スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://tony5555.blog44.fc2.com/tb.php/1848-fc1f3476