FC2ブログ
えきめい (1)

はやく、台湾編終わらせろよって感じですが…。






えきめい (2)

年末、年明けのバイト代を握りしめ、向かったのは鬼怒川温泉。
金券屋で東武鉄道の優待券を買ったので(1枚950円だった)、
往復2000円以下で来られます(3時間かかるけど)。
鬼怒太くんが迎えてくれました。


じこく

駅前からバスに乗ります。乗り損ねると大変なことになります。


ばすと

終点の女夫淵まで1時間45分です。
宿の人に迎えにきてもらいました。


先客

助手席には、先客が…。


はっちょう

さらに30分バスに揺られ、宿に到着しました。
けっこう遠いなあ~。


ロッジ

ロッジもありますが、我々は本館に宿泊しました。


へやのな

こんな感じの部屋ですが、


へやの

反対側から撮ると、ちょっと渋くていい感じです。


かれーと

昼食もお願いしました。カレーとうどん。
食べ終えて、すぐに露天風呂へ。


ろてん1

これが脱衣所から一番近い風呂。一番温度が高い。


ろてん2

少し下がったところにある風呂。
広くて気持ちいいけど、この時期だとぬるいかなあ。

階段を上がったところにも小さい露天風呂があります。
これらはすべて混浴ですが、バスタオル巻きOKです。
また、女性専用露天風呂もありました。


内風呂

内湯。とはいえ半露天的な解放感(全然密閉されていない)。


おんなふろ

女性用内湯。
豆狸いわく(湯船に入らないと)内湯とは思えない寒さ、とのこと。


夕食は5時半から。
日本対パレスチナ戦観戦を途中で切り上げ食堂へ。


しょくどう

食堂です。
他のお客さんは外国人カップルと男性ひとりだけでした。
しかし、異国からよくこんなところまで来るなあ~。
そのチャレンジ精神を見習いたいもんです。


ゆうはん

夕飯。天ぷらも岩魚も冷めてるけど、問題なし。


なべもの

鍋物は温かいです。
「この肉、何ですか?」と訊いたら、
「えっ、牛ですよ」と。
どんだけ普段牛肉食べていないか、よくわかりました。


こつざけ

骨酒もたのんでみました。


ゆっくり飲み食いしたつもりでしたが、
部屋に戻ると、、まだ7時過ぎ。
やることがないので、寝っ転がって欽ちゃんの仮装大賞を見ていると、
しばらくして豆狸は沈没。
僕はひとりNHKのプロフェッショナル・仕事の流儀でMrエンジンさんを見てから消灯しました。
たまに雪が屋根から落ちる音が聞こえましたが、
とても静かな夜でした。

で、さぞ、ゆっくり寝られるかと思いきや、
目が覚めて時計を見ると、まだ4時…。

なぜ、そんなに早く起きちゃったかというと、

寒いんです。

部屋には2台もストーブがあるんで、
稼働しているときは暖かいのですが、換気の問題もあるので、
寝るときは消したのですわ~。
ストーブのスイッチを入れたら、気温3度と表示されました…。
ま、これも山の宿の醍醐味と思いましょう。
そして、まだ夜が明ける前、かすむ月と雪を見ながら再び露天風呂を楽しみました。


あさご

朝食は7時半から。
昨夜となりにいた外国人カップルの姿がありません。
あとで宿の人に訊くと、午後3時の便でシンガポールに帰るというので、
7時に送っていったとのことでした。


とと

ご飯を2度お代わりしたあと、9時にチェックアウト。
我々も女夫淵まで送ってもらいました。
そして再び路線バス、東武線などを乗り継ぎ帰宅したのが3時過ぎ。

あの外国人カップル、無事飛行機に乗れたかなあ~。


スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://tony5555.blog44.fc2.com/tb.php/1810-65e36096