FC2ブログ
まちなみ

1日目 手機を買う

手機とは携帯電話のことを指すみたいです。





もちろん欲しいのはガラケーではなくてスマートフォンです。
今まであまり必要性を感じなかったので持っていませんでした。
唯一、競馬場で調教師の成績とか調べるため、
中古のipod touchをwifiで利用してました。

しかし、極度の方向音痴なので、
異国においてはgoogle mapぐらいは使いたいなあと思い、
台湾で買うことを決めていました。

で、ホテル近くにある獅子林ビルというところへ行きました。
雰囲気はアキバの雑居ビルみたいな感じです。
ワンフロアに小さな店がたくさん入っていて、
それぞれの店先にスマートフォンがディスプレイされていました。

ただ、あまり客もいないし、
どこもやる気がなさそうで、
弁当とか食べている店員さんもいました。

それでも買うと決めていたので、
欲しかったzenfone5の3G版
(4Gの日本版が最近発売された。台湾のASUS製)が置いてある店で、
値段を訊いてみました。

どこの店員さんも英語はほとんど話さないみたいでしたが、
ハウマッチ? と訊ねると電卓に数字を入れてくれました。
1軒目は4900元、2軒目は4700…。

ふ~ん。

そのとき重要なことに気づきました。




俺、定価とか知らないし。

安いのか、高いのかわからんのです。
ま、でも、定価より高く売ることはなかろうと、
もう1軒、訊いてみました。

その店のお兄さん、
あきらかに他の店の店員さんと違ってました。

化粧してました。

日本の芸能人に例えると、



京本

京本政樹の髪の毛短めバージョン、
といったところ。

化粧にビビらず、さっそく値段を訊くと、
電卓パチパチ、

4300元!
おーっ、他よりずいぶん安いやんけ。
するとお兄さん、箱を開けて見せてくれました。
本体はセロファンで包まれており、
もちろん付属品もすべてついていました。

当然、新品だと思いましたが、
そこは慎重な僕ですから、
念のためメモ帳に「新?」と書いて、お兄さんに見せました。
それを見て、うんうんと頷き、さらにスマホの翻訳を使い、
「うちは3か月保証ある」という画面を見せます。
じゃ、いいか、ってんで、4300元を払い、
念願のスマートフォンを購入したのです。

あとは、あらかじめ空港で買っておいたプリペイドsimを入れれば、
異国の地でもインターネッツし放題だ!
急ぎホテルへ戻り、箱を開け、本体のセロファンを剥がしました。


ん~

なんか、画面がベトベトしてね?

ん~

なんか、これ、ぶつけたあとじゃね?

あ~、



これ、中古だわ

僕は、騙されたのでしょうか…。
しかも、レシートとか一切受け取ってないし。(←完全なるバカ)
そもそも新品って、メーカー保証あるんですよね? 3か月って…。

日の丸酒場へ行くために京成線に飛び乗り、
ドアが閉まったあとに特急だと気づいたときぐらい落ち込みましたが、
(八広は各駅しか止まらない)
マック赤坂の「ネガティブをポジティブに」のセリフを思い出し、
満面のスマイルを浮かべつぶやきました。

「もしこれが新品だったとしても、箱を開けた瞬間から中古だ」(涙)
ま、ふつうに使えました。

買ったものはこいつ↓

ほんたい

不器用なんで、豆狸に保護フィルム貼ってもらいました。


きず

キズあとね。別に気にしないし…。


かばー (1)

安いカバーも買いました。


かばー (2)

★のシールは、この前、塚田農場で飲んだとき、
ゆうきちゃんに貼ってもらった。
塚田農場の浴衣っ娘、いいわ~。


スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://tony5555.blog44.fc2.com/tb.php/1798-eed3cc42