FC2ブログ
ばにら


1日目
バニラエアに乗る

コミコミバニラ(座席指定、払戻可)で往復運賃、19,000円!

ま、その他、手数料などを含めると、ひとり23,500円でした。
大阪往復の新幹線代ぐらいですかね。

ただ、便によって値段がかなり違っていて、
往復3便のうち、安い組み合わせは行きの早い便と、帰りの遅い便。
当然、この安い組み合わせにしたのですが、
朝一の便が7時40分発で、チェックイン締切が6時50分なんです。
青砥からだと始発に乗っても、空港第二ビル着が6時35分。
15分あればカウンターまで行けるとは思うのですが、
出発前にバタバタしたくないので、結局、成田に前泊しました。

平日なので5,000円ほどで泊まることができ、
ひとり2,500円増なら前泊してもこの早朝の便にする価値はありますが、
安いLCCに乗るのに、前泊するってのにちょっとモヤモヤ感が残ったことは確かです。
チェックイン締切までにカウンターに到着すれば、なんとか乗れるのかなあ…。
その辺、もう一度バニラエアで台湾に行く機会があれば検討してみたいです。

ホテルからシャトルバスに乗り、6時前に空港に着いたのですが、
すでにカウンターの前には行列ができていました。
並びながら聞いていたのですが、従業員の方々、中国語をとても流暢に話すのです。
へえーっ、たいしたものだなあ、えらいなあ、と感心していたのですが、
自分の受付の番になって気がつきました。



日本の方ではありませんでした。

ま、日本語ももちろんOK、何の問題もなくチェックイン。
機内へも定刻通りに案内されました。


ざせき (1)

狭いと聞いていた座席ですが、非常口の列を指定していたので、めちゃ広い。
ただし、何かあったら脱出の手助けをしなくてはならないので、
一目散に逃げることはできませんが。
ちなみに普通の席は、チビの我々なら我慢できそうですが、
やはりちょっと狭そうでした。


ぱん

クリームパンを買ってみました。1個250円。
クリームたっぷりでした。飲み物と一緒に買うと50円引きになります。

あと、機内にはモニターがありません。
でも、逆にこれはいいかも。
なぜなら、早朝の便だしやることがないので、みんな寝るんです。
だから機内が


ものすごく静かです。 ただし、いびきもよく聞こえます。


ということで、自分もうつらうつらしていたら、
あっという間に台湾・桃園空港に到着いたしました。

乗った感想としては、フライトアテンダントの接客も悪くないし、
バニラエア、けっこういいじゃん、と思いました。
(定刻どおりなら、ね)



スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://tony5555.blog44.fc2.com/tb.php/1795-af7d25a6