FC2ブログ
nika.jpg

マッサンが「働かざる者食うべからず」と言われるたび、
ドキッとするtonyです。
ども。



エリーは「わたし、夢、食べて生きていける」らしいですが、
食べるほどの夢なんかないしなあ…。
ま、気にせずいきましょう。

sa.jpg

ということで、天皇賞が終わった府中から、
めーじん様の車で一路盛岡競馬場へ。
JBCを見ながら、食べまくるのであります。


yama.jpg

山に囲まれた盛岡競馬場。
紅葉がきれいであります。

しかしですねえ、とにかく寒かった~。
気温は(たぶん)5℃ぐらい。
それに加え冷たい風がビュンビュン吹くので、
体感気温は真冬のフィンランドぐらい(たぶん。行ったことないけど)。
僕は豆狸のストールを借り、
さらに、普段、競馬場の椅子に敷いている毛布を首に巻き付けてしのぎました。

なにか食べれば少しは温まるだろうと、
まずはこれ。

tama.jpg

玉こんにゃく。
え~っ、こんにゃく? と思われたあなた、
東北で食べる玉こんにゃくは、味がしみ込んでいて、
とても美味しいんですよ。


pad.jpg

スタンドや馬場に比べるとこじんまりとしたパドックです。
馬が近くで見られます。

出馬表を見ると、ジョッキーの欄に鈴木麻優という名がありました。
これはひょっとして女性ジョッキーか?

suzu.jpg

ん、ん…。


suzu2.jpg

おお~っ、女性というよりは、女の子⁉
可愛いじゃないですか。
今年4月にデビューしたばかりだそうです。
頑張ってね、と心の中で応援しながら、
本日2品めを求めてパドックを離れました。


yaki.jpg

盛岡競馬場名物、ジャンボ焼き鳥です。
前の人が大量に買っていったので焼き上がりまで時間を要しましたが、
そのぶんアツアツでした。
皮はパリっ、中身はジューシーで食べ応えもあります。
ハフハフとかじっていたら、レース発走のアナウンスが聞こえました。
ちょっくら、麻優ちゃんの騎乗ぶりでも見るかってんで、
急ぎスタンドへ向かいました。

おお、麻優ジョッキーが逃げているではありませんか。
しかし、4コーナーを迎えるころには後続も背後まで迫っています。
ああ、捕まっちゃうかなあ、そう思ったとき、
ちらっと後ろをうかがった麻優ジョッキーが追い出しを開始。
それに応えて馬がもうひと伸びし、必死に抵抗します。
馬券を買っているわけでもないのに、
隣で豆狸が「がんばれ~、がんばれ~!」
と飛び跳ねて応援すると、なんとかハナ差粘って1着でゴールイン。
やったね~!

しかし、単勝配当9060円の掲示を見ると、
ちょっともやっとした気分に…。
馬券を当てないと素直に喜べないのがギャンブラーの悲しさです。


omote.jpg

100円でも買っていれば、
岩手まるごとおもてなし隊と一緒に踊っていたかもしれません。

このステージではわんこそば大会なども行われ、
お祭り感たっぷりで、場内は楽しい雰囲気でした。
が、しかし、寒い…。

taba.jpg

風から逃れるため、喫煙スペースが大人気でした。
(帰る間際にストーブが設置されていたのを知る)


hissu.jpg

ひっつみ汁で温まりました。食べかけですが。


hota.jpg

牡蠣が売り切れていたので、ホタテ焼き。1個250円でした。


soba.jpg

そばいなり。
帰りの車の中で食べようと思って購入しましたが、
結局、きょうの朝ごはんになりました。
もちろん中はおそば。
甘めに味付けされたお揚げがそばとよく合います。

あと、福田パンとか盛岡じゃじゃ麺とか、
そのほかにも食べたいものはあったのですが、
レースも見なくてはならないので断念しました。
ま、いつものように馬券は当たらなかったので、
結果的には食べる方に専念すればよかったのですが。


teru.jpg

帰りは飯坂インターで一旦高速を降りて、
餃子の照井へ。僕は2度めです。


gyou.jpg

円盤餃子。
もう一皿注文しましたが、4人でペロリ。
各自、味噌ラーメンも食べ、
冷えた身体を温めてから東京へ向かいました。
そして日付が変わる直前に無事帰京。
お疲れさまでした。


おまけ

競馬場先着4000名に引換券を配ってました。
で、交換してみると、

yakibu.jpg

これでした。
まあ、焼豚はいいとして、要冷蔵のウインナーにはちとびっくり。
でも、すんごく寒かったからまったく問題なし。
場内では焼肉も振る舞っていましたし、
盛岡競馬場、けっこう太っ腹であります。

スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://tony5555.blog44.fc2.com/tb.php/1791-bc8548d2