FC2ブログ

最後の6頭です。

⑬ キングズオブザサン
弥生賞ではダッシュがつかなかったのか、
それともあえて控えたのか後方からの競馬に。
直線、馬群に突っ込みましたが5着に敗れ、
大きく人気を下げています。
しかし、ここ前3走とも中山の2000mを使い、
葉牡丹賞は1着、大外枠の京成杯でも、
外々を通ってコーナーを回る苦しい展開ながら2着に来ています。
所属の荒川厩舎はGⅡまでしか勝っていませんが、
今年はこれまで14勝をあげリーディング5位と好調です。
浜中騎手に乗り替わり、好位で流れに乗れれば…。

⑭ バウンスシャッセ
藤沢厩舎2頭出しの1頭です。
この馬、パドックで見ると牡馬と見間違えるほど立派な体を披露してくれます。
でも、やはり牝馬は牝馬。ちょっと苦しいですかねえ。
まあ、藤沢厩舎に牡馬クラシックを牝馬がもたらすことになれば、
それはそれで面白いですが…。

⑮ コウエイワンマン
馬の実績、厩舎の実績とも、ここに入ると足りないですかね。

⑯ アジアエクスプレス
手塚厩舎の馬です。バンバン勝ち星をあげる厩舎ではありませんが、
昨年のアユサンのように、狙いをつけたレースにピタッと照準を合わせてくる印象があります。
距離云々を言われていますが、
GⅠ馬ですし、休み明けのトライアルでも2着ですから、
あまり軽視するのもどうかと。

⑰ トゥザワールド
前走、詰め寄られてるとはいえ、馬群の外目を自分で動いての勝利、
やはり価値があると思います。
ここでGⅠホースとなり、同厩舎の先輩・オルフェーヴルのように、
“世界へ”羽ばたく存在になるのでしょうか。

⑱ ウインフルブルーム
デビュー以来3着を外していない堅実な先行力は買えますが、
う~ん、宮本厩舎は今年ここまで4勝ですか…。
大レースでもアグネスワルツのオークス3着ぐらいしか記憶にありません。
陣営は外枠がほしかったと言っていましたが、
中山での柴田大知ジョッキーは、
内枠であっと驚かせる騎乗を見せるので、
この枠はどうなんでしょうか。


ざーっとは降っていませんでしたが、
雨の金曜日でした。
はたして馬場はどうなっているのやら…。


スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://tony5555.blog44.fc2.com/tb.php/1743-bd3f6457