FC2ブログ

6頭まで書いちゃったからなあ…。


⑦ トーセンスターダム 
ディープインパクト産駒で3戦3勝。
池江厩舎で豊が乗るんじゃ、そりゃ人気ですわな。
その豊ですが、武豊TVで今年成し遂げたいことを挙げてと言われ、
「凱旋門賞優勝とダービー連覇」とおっしゃってました。
厩舎も皐月賞はトゥザワールドにまかせるという気持ちじゃないでしょうか。
きさらぎ賞からぶっつけというローテーションが、
いかにも勝負は次って感じですよね。
ま、もしここを勝つようならダービーもぶっこぬきでしょう。

⑧ ステファノス
毎日杯3着とはいえ、時計差なしですし、
ディープインパクト産駒で、
GⅠハンターの藤原英昭厩舎所属とくれば怖さはありますが、
やはり非トライアル組は勝ってこないと狙いにくいですね。
岩田、福永、浜中といったジョッキーを押さえられなかったのも痛い。

⑨ スズカデヴィアス
橋田厩舎2頭出しの1頭。
前走すみれSというローテーションは良績がないので…。

⑩ ベルキャニオン
スプリングS2番人気も、後方に置かれて6着に敗退、
一気に人気を下げています。
レース後、福永騎手が「外へ逃げていた」とコメントしています。
ちょっと気難しいのですかね。重い馬場もこたえていたような気がします。
そんなこともあり府中の方が向いているように思えますが、
一応、ホープフルSで2着がありますし、
前走とは馬場が変わってきていることもあり、
まったく中山がダメということもなさそうです。
美浦ではGⅠで狙える数少ない厩舎のひとつ、
堀厩舎の馬ということも含め、ひょっとして変わり身がないかと注目してます。

⑪ ロサギガンティア
トライアルを制し、いよいよ藤沢和雄厩舎に牡馬クラシック馬誕生か⁉
ま、勝っても驚きませんが、負けても全然驚かないのが今のこの厩舎。
スプリングSのときは出遅れたからか、折り合いは問題なく見えましたが、
500万下を北村宏騎手で勝ったときは、けっこう行きたがっていたので、
フジキセキ産駒ということもあり、やはり初の2000mがポイントでしょうか。
もちろんミルコから乗り替わった善臣相談役の騎乗にも注目。

⑫ タガノグランパ
ふつう前走1400mの馬なんかノーマークです。
がしかし、ハープスターで桜花賞を勝って絶好調の松田博資厩舎所属。
キングカメハメハ産駒で、母も1800mで勝ってますし、
ラジオNIKKEI杯2歳S(5着)のときは意外と折り合っていたんですよねえ。
ただ、左回りの方がよさそうだし、やはり厳しいかなあ。

ふう~、あと6頭か…。


スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://tony5555.blog44.fc2.com/tb.php/1742-e0102c88