FC2ブログ
GⅠとなると厩舎の力も大きいので、
そのへんも絡めて考えてみました。



① ワンアンドオンリー
橋口厩舎にノリ様ですか~。
GⅠで2着獲らせたら右にでるコンビはいませんね~。
しかし、ラジオNIKKEI杯2歳S優勝、弥生賞で2着と、
坂のあるコース実績は十分だし、このところ勢いのあるハーツクライ産駒。
橋口調教師も定年まであと2年、もちろんダービー制覇が夢でしょうが、
クラシック優勝は菊花賞のみとくれば、当然皐月賞だって勝ちたいと思います。
ノリ様が内ラチを死守して、直線さばければ…。

② イスラボニータ
唯一の重賞2勝馬。5戦4勝で走破タイムも優秀、
負けた相手はハープスターだけとくれば当然主役です。
しかし、初距離、初コースとなるのに、
なぜ共同通信杯から2カ月開けたのかなあ…、
フジキセキ産駒なのに、まさか陣営は皐月賞よりダービーと考えているの?
栗田博憲厩舎も今年3勝しかしてないし、GⅠ優勝もずいぶん遠ざかってるなあ。
と、軽視するつもりでいたのですが、
いや、ちょっと待てよと。
イスラボニータは社台レースホースの馬なので、
自前の牧場で仕上げようと思えばできちゃいますよね。
栗田調教師には失礼ですが、そう馬主が考えているのなら、
完璧に仕上げて、厩舎に戻したあとはその状態をキープするだけでいいと。
天下の社台がこの馬を皐月賞よりダービー向きと判断するとは思えないし、
中山を使わないリスクより、牧場で調整するメリットを選んだのではないか、
なんてのは、うがった見方ですかね…。

③ クラリティシチー
スプリングS3着からのローテーションは、同厩舎の皐月賞馬ダイワメジャーと同じですね。
そのスプリングS、外々まわしてけっこうしんどう競馬だったと思いました。
ただ、最後の最後で2着馬に差されたのが、ちょっともの足りない感じ。
相手なりに走るので、内で脚をためるだけためてインを衝ければそこそこには…。

④ クリノカンパニー
荒川厩舎2頭出しの1頭。
江田照さん、逃げますよね。

⑤ アデイインザライフ
ディープインパクト産駒ですが、540キロ代の巨漢馬です。
僕の印象ではその大きな体をまだ持て余しているような気がします。
鈴木康弘厩舎も1999年以来重賞を勝っていません。

⑥ アドマイヤデウス
中山のトライアル組以外ではこの馬が人気的にもちょっと面白いかなと。
阪神の2000mで2勝と坂もOK、キャリア6戦中4戦で上がり最速です。
ただ、最近の橋田厩舎は勝ち星こそあげていますが、
大一番では来ないイメージですねえ。
相手も強化されますし、大レースに強い岩田騎手とはいえ勝つまでは…。


しかし、結局馬券買うときはパドック見て、
「やっぱこっち」なんて決めるのに、なにマジに考えてるのだろうか…。


スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://tony5555.blog44.fc2.com/tb.php/1741-7e308314