FC2ブログ
ゴーゴーバーとは、なんぞや?
まあ、風俗です。







旅行前にタイのことを調べて、
初めてその存在を知りました。

①女の子がステージの上で水着を着て踊っている
②客はそれを見ながら酒を飲む
③気に入った女の子がいたら、席に呼んで一杯奢れば話ができる
④ただし、女の子が客を気に入らなければ拒否できる
⑤交渉により店外デートができる
(ペイバーといって、店にお金を払う必要がある。もちろん女の子にも)

とまあ、ネットで調べるとこんなシステムらしい。

ふ~ん…










面白そうじゃないか!

ということで、ゴーゴーバーがいくつも入っている、
ナナ駅そばのナナプラザというところに本当は一人がよかったけど豆狸も連れて行ってみました。

まあ、とにかく世界中から夜のお楽しみを求めてやってくる人たちで賑わっていて、
まわりの歩道にも屋台などが出ていました。
さて、どの店にしようかなあとうろついてみたものの、中の様子がわからないので、
適当に入り口近くにあったレインボー1という店に入ることにしました。

店は黒いカーテンのようなもので外と仕切られていていました。
ボーイさんに招かれ中に入ると、ものすごい爆音で音楽がかかっています。
ドゥン、ドゥンというベース音が体に振動を与えるほどです。
そんな激しい音楽とは裏腹に、薄暗い店内の中央にあるステージでは、
十数名の女の子がポールにつかまって緩~く踊っていました。
いや、踊りというより、ゆらゆらと体を揺らしているといったほうが正確かもしれません。

はは~ん、これがゴーゴーバーか…。
ぼーっとステージを見ていると、
こちらは素早い動きのフロア係の女性がやってきて、
僕らを空いているソファーへ案内してくれました。

ビールを注文してまわりの客を眺めると、
見た目での判断ですが、8割方日本人でした。
しかし、スーツを着たサラリーマン風や、
男友達と遊びに来た若者グループ、
さらには、この人還暦過ぎてんじゃね?といったご老人まで、
客層はさまざまでした。
日本人の女性は豆狸一人だったと思いますが、
欧米人のカップルがあとからやってきました。

運ばれてきたビールをグビグビっと飲んで、
あらためてステージを眺めてみました。
ステージにはU字型にポールが並んでいるため、
女の子全員を同じ席からは見ることができません。
なので、何分かごとに女の子は場所を変えて踊っていましたが、
客の中には、店に入るとまずステージのまわりを一周して、
気に入った子がいないからなのか、そのまま店を出て行く人もいました。
しかし、この行為はいかにも品定めをしているみたいで、
こんな場所に来ているのに言うことじゃないかもしれませんが、
なんか下品な感じがして、どうなのかなあ~なんて思いました。

僕は豆狸に大声で「何番の子が可愛い?」(踊り子さんは水着に番号札をつけている)
なんて言いながらステージを見ていました。

すると、ちょうどこちら側を向いて踊っていた黒髪の美しい一人の子が、
僕の方を見てかすかに微笑んだのです。
彼女は80番の札をつけていました。




(つづきます)


スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://tony5555.blog44.fc2.com/tb.php/1672-edd3fba9