FC2ブログ
sugarmanmain.jpg

有楽町のビックカメラの上にある映画館は水曜日1000円なんで、
久々に映画を観てきました。
ロドリゲスというミュージシャンのドキュメンタリーです。









このロドリゲスって人、全然知らなかったのですが、それもそのはず、
彼のレコードが発売された本国アメリカでもまったく無名なのですから。

あらすじはこんな感じ。

1970年代、デトロイトのバーで歌っていたロドリゲスは、
あるプロデューサーの目にとまりレコードデビューをはたすが、
レコードは売れず、誰の記憶にも残らず消え去ってしまう。
ところが、彼の音楽は海を渡り南アフリカで大人気に。
アルバムも売れまくり、ストーンズよりも有名な存在になる。
しかし、ステージで自殺したという噂以外、彼のプロフィールは謎のまま。
ある音楽ライターがロドリゲスの足跡を調査を始めると、意外な展開に…。

いやあ、とにかく面白かったです。
そしてロドリゲスの音楽がいい!
上映が終わってロビーに出ると、
サントラを買い求める人で長蛇の列ですわ。
こんなにサントラを買う人がいる映画は初めてでした。
(僕は帰宅後、ロドリゲスのオリジナルアルバムをネットで注文しました)

よくできた映画だなあと感心していたのですが、
今年のアカデミーで長編ドキュメンタリー賞を獲っていたのですね。
しかし、こんな面白い映画が、東京で1館しか上映していないなんて…。

ま、売れる音楽がいい音楽とは限らないのと同じで、
上映館が少なくてもいい映画はいいってことで。


お暇な方は、次の水曜日にいかがでしょうか。


注:4月13日から新宿のシネマカリテでも上映してました。

スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://tony5555.blog44.fc2.com/tb.php/1671-d0cd6fed