FC2ブログ
2013.02.25 タイで両替
チェンマイに向かう途中、バンコクのスワンナプーム空港で両替をしました。









いつも海外旅行のときは現地でキャッシングをするのですが、
タイは手数料をけっこう取られるということなので、
今回は日本円を両替することにしたのです。

しかし、空港での両替はレートが悪い、これは世の常識ですよね。
僕「タクシー代ぐらい両替して、あとはチェンマイでレートのいいところを探して替えるんだよ」
と、豆狸に旅の一口メモ的なうんちくを垂れてました。

さて、両替をしましたが、まだ乗り継ぎ便には時間があります。
じゃあ、コーヒーでも飲むか、てのが一般の旅行者ですが、
そこは世界を股にかけるスーパー旅人tonyですから、
当然アルコールです。


空港内のバーみたいなところ。
僕「グラスの赤ワイン2つちょうだい」
店員さん「あいよ、560バーツ払ってちょ」
僕「う〜ん、けっこうするのね…」

豆狸のところへグラスを持っていき、はい、かんぱ〜い!
おっ、意外とうまいな。

豆「1杯いくらだった?」
僕「560バーツだから、1杯280バーツか」
豆「1バーツっていくらだっけ?」
僕「だいたい3円ぐらいじゃない」
豆「ってことは、1杯840円?」


( ̄□ ̄;)ガーン!


ここ、日本じゃないですよね?
いや、日本でもこんなに高いの飲まないし…。
ということで空港の物価の高さを思い知ったのです。
思い知ったつもりでした。

チェンマイに着き、ソウテン(乗り合いのバン)のおっちゃんが、
「150バーツ払ってちょ」とふっかけてきましたが、
100バーツに値切ってホテルに向かいました。

チェックイン後、ワインのおかげで手持ちが少なくなってしまったので、
再び両替をすべく、町へ繰り出しました。

そして、両替所の前。
電光ボードに数字が並んでいました。
こんなの↓(数字は全然違ってます)

rate2.jpg


僕「なんか空港とあまり変わらないなあ」
豆「この数字ってどういうこと?」
僕「1バーツが○○円ってことじゃん
豆「そうなんだ。じゃあ数字が小さいところが得ってこと?」
僕「う〜ん、そういうことになるかなあ…」

そんな会話をしながら、両替所を数軒見て回ったのですが、
町の中心部から離れるほど数字が大きくなります。
「こんな不便な場所で、しかもレートが悪いのに両替してるヤツってバカじゃない」
と思い、結局、最初に見たところで両替しました。


その後、チェンマイ滞在中、数回両替をしました。
そして再びバンコクのスワンナプーム空港でのこと。
僕「やっぱりここが一番いいレートだなあ」
そう言いながら両替をして、ふとレシートを見ました。


んっ…?

僕「ねえ、10,000(円)×0.311=3,110TBって書いてあるお」
豆「だから?」
僕「単純に掛け算してるってことは、これっ、ひょっとして
ボードの数字が大きい方が、いっぱいお金をもらえるってことではなかろうか?
豆「えっ? じゃあ、わざわざレートの悪いところを探して両替してたってこと?」









( ̄□ ̄;)ガーン!




だいたいワイン一杯800円以上もする空港のレートがいいわけないのです。

気づいていました。
気づいていましたよ。
でも、そのときはっきりと確信しました。






ほんとに自分はバカだと。






追記:豆狸は金融関係の仕事をしています。


スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://tony5555.blog44.fc2.com/tb.php/1658-61733819