FC2ブログ

カンボジア最終日、朝の5時にホテルをチェックアウトし、
日の出を見にアンコールワットへ向かいました。








サンライズウオッチはアンコール遺跡観光の定番らしく、早朝にもかかわらず、
たくさんのトゥクトゥクが我々と同じ目的地へ向かって走っていました。

10分ほどで到着、車を降りたのですが、あたりは真っ暗。
日本から持参した自転車用のライトで足元を照らし、
他の観光客の後についていきました。

すると撮影のベストスポットと思しきところには、
もうすでに大勢の人がいる気配です。
僕はそれほど写真に執着があるわけではないので、
人混みを避けて後方に陣取り、地べたに座って待つことにしました。
日中と違い、少し肌寒いぐらいの気温です。
どこからか売り子さんがやってきて、
「コーヒーどう?」と観光客に聞いてまわってます。

僕らはホテルのスタッフが朝食代わりに用意してくれたクロワッサンとバナナを食べながら、
星がまだ輝いている空をときどき見上げたりして、日の出を待ちました。
そして、しばらくすると少しずつまわりが明るくなり、
ぼんやりだったアンコールワットのシルエットがくっきり見えてきました。

RIMG2424.jpg


角度を変えて見てみました。

RIMG2431.jpg


お日様のお出まし~!

RIMG2442.jpg

朝日を見るなんて、いつ以来なのか…。記憶にございません。

日が昇り、どのくらい人が来ているのか、
まわりを見渡すと…、











こんなにいる!


RIMG2426.jpg

一瞬、フジロックフェスティバルの会場にいるのかと錯覚しましたよ~。


RIMG2441.jpg

朝日を見終わると、一旦ホテルに帰る人が多いので、
日の出後のアンコールワットは静かで、心が落ち着く雰囲気です。


しばらくぼーっと遺跡を眺め、こんなことを思いました。

最初はあまり気乗りしなかったけど、ここに来てよかったな。
豆狸が「見たい」と言わなければ、
訪れることのなかったカンボジア、アンコールワットに。

そして、

たまには隣にいる人の言うことも聞くもんだな、とも。

スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://tony5555.blog44.fc2.com/tb.php/1655-e2cd2214