FC2ブログ

ご無沙汰しております。







2月といえば受験ですかね。
みんな風邪ひかないといいけど。
可愛い姪っ子も頑張ってるかなあ…。

あと2月はスーパーボウルですね。
ハーフタイムショーのビヨンセ、かっこよかったなあ。

とまあ、2月の話題をすらっと書いてますが、
タイからは1月25日に戻っております。

東京も厳しい寒さは緩んできてますが(でも明日は雪らしい…)、
やっぱりタイに比べたらそりゃ天国と地獄ぐらい違うわけで、
寒くって布団にくるまっていたら、
ブログの更新が滞ってしまいました。

正直、もう面倒くさいし、ブログ止めようかなあと思っていたのですが、
数人とはいえ読んでくれる人もいるし、
ほとんど連絡をとらない親族にとっては、
いい歳したニート男が何か良からぬことをしてはいないか、
監視というか情報を得る手段になっているので、
まあ、もう少し続けてみまする。

そう、親族といえば、
先日用事があって兄弟4人(弟1、妹2)が集まり、
帰りに食事をしたんですが、
考えてみたら兄弟だけで食事をしたことって、
たぶん初めてだと思うんですよね。

で、不思議だなあと感じたのは、
普段は連絡もしないし、仕事ははもちろん趣味も違うのに、
なんだか話すことがあるというか、話題が沸いてきて、
会話が途切れないんです。

これと同じ感覚だったのが、
先週の土曜日に小学・中学校時代の同窓生が開いたパーティー。
なかにはもう40年近く会ってなかった友人もいたのですが、
なんとなく話が続くんです。
まあ、昔話に花が咲くってのもありますが…。

これって緊張感の問題ですかね?
兄弟や同窓生相手には緊張しないし、
だから構えることなく、だらだら~っと会話が続くのでしょうか。
バイトでcubのカウンターに入ったときなんか、
お客さんと対面するとまったく話題が思い浮かばないのに。

若い頃はそうでもなかったのに、
歳をとるにつれ緊張するようになった気がするんですよね。
なんか普通は逆だと思うんだけどなあ…。

まあ小心者の僕でなくても、初対面の人に会うってのは多少緊張しますよね。
実は今年の正月、甥っ子と入籍したばかりのお嫁さんが実家に来てくれました。
我が家族とはほとんどが初対面。
自分がお嫁さんだったら、絶対行きたくないと駄々をこねていたでしょう。
彼女、終始にこやかで偉かったなあ。

RIMG2666.jpg

わずかばかりのお祝いを渡したら、マグカップをお返しにいただきました。
さすがロイヤルコペンハーゲン、コーヒーが冷めないんだなあ。


と、こんなところで、
まとまりも緊張感もなく本日のブログは終了いたします。


スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://tony5555.blog44.fc2.com/tb.php/1648-ac1ac7a5