FC2ブログ
RIMG2121.jpg

シャティン競馬場である。









競馬開催日のみ営業という「馬場駅」からは屋根つきの通路で直結されていた。

RIMG2220.jpg

入り口でパスポートを提示して150HKドル払うと会員エリアに入れるバッジがもらえる。



RIMG2110.jpg

派手な馬像の前を通り過ぎ、馬場側へ出てみた。


RIMG2114.jpg

一般エリアの席もまだまだ余裕で座れそう。


RIMG2113.jpg

どこの国の人も、やっぱり記念撮影はするんだな。
左側のおっちゃんが、右のおっちゃんに、
「今、俺が撮ってんだから、そばに来るな」
というようなことを言っていた。

ツーリスト用のゲストバッジで入れるのは、
ゴール寄りのエリアの1、2階と5階。
5階でさらに40HKドル払うと、
テラス指定席に座れると係りの女性が言っていたが、
見てみると日傘をさしている人がいるほど暑そうだった。
結局、パドックがよく見える1、2階をうろうろしていた。


RIMG2128.jpg

パドックで国際競走のセレモニーが行われた。
武豊も背が高いけど、池添騎手の隣に並んでいるスミヨン、でかい。
ちなみに、ジャパンカップでやりあった岩田騎手と池添騎手、
僕が見ている限りでは、話をしている場面は一度もなかった。


RIMG2125.jpg

スポンサーとなったロンジンの時計をつけて撮影に応じる美女たち。
食事もそうだけど、女性もやっぱりアジア最高! と思う。


RIMG2131.jpg

香港ヴァーズに出走したジャガーメイル。
最低人気だったのに、短頭差2着と好走した。
馬券? ええ、買っていませんよ…。



2153.jpg

香港スプリント、ご存知のとおり日本馬のロードカナロアが優勝。
隣のおっちゃんのレープロが…。


いわた

どや顔の岩田騎手。しかし、この男、大一番では無類の勝負強さがある。
まあ、馬が強いというのはもちろんあるだろうけど、
あそこまでなんの不利も無く、スムーズな競馬をさせたのは立派の一言。
池添騎手のカレンチャンは、スタートがねえ…。状態もいまいちだったのかなあ。
ということで、第二ラウンドも岩田ジョッキーの勝ち。


RIMG2223.jpg

翌日の新聞に載っていたゴールシーン。


RIMG2166.jpg

香港マイルに出走したサダムパテックと豊しゃん。


RIMG2167.jpg

同じくグランプリボスとウチパクさん。


スタート後、すぐに内ラチ沿いを通り好位に押し上げたウチパクさん、
しかし、この日のグランプリボスはなんだか力んで走っているように見えた。
そのせいか、直線ではガス切れ、いつもの末脚はまったく見られずだった。

サダムパテックは内の苦しい位置に入ってしまい、
他馬に寄られラチにぶつかったように見えた。
それでもゴール前しぶとく伸びたけど、
また、他馬に前をカットされる消化不良のレースだった。
まあ、国際競走はそれだけ厳しいってことなのか。


RIMG2173.jpg

プレスの方々は黄色のベストを着ていたから、
立ち上がってカメラを構えている人たち、一般人なのかな。
しかし、よく後ろの人たちに文句言われないなあ…。


香港マイルを勝ったアンビシャスドラゴン。
帰国してから知ったのだが、
レース前日に跛行が見られ陣営は出走を迷ったらしい。
ま、そこまでひどくないということで出走に踏み切ったとのこと。

そのアンビシャスドラゴンだけが、
他の馬がまだ出てこないパドックを、
鞍もつけない状態で、何周もゆっくり歩いていた。
なんでだろう? と思っていたけど、そういう理由があったのね。


RIMG2190.jpg

日本馬の出走がない香港カップのパドックでJRA理事長発見。
出馬表を見ながら、出走馬を眺めていた。
僕は係りの女性を見ていたけど。


香港カップを見て、競馬場を後にしたのだが、馬券はまったく当たらなかった。
毎週行っているJRAでも当たらないんだから、まあそれは仕方ない。
しかし、岩田騎手は別にして、上位に来た馬のジョッキーは香港で乗りなれた人がほとんど。
もし来年行くことがあったら、それだけは忘れないようにしようっと。


スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://tony5555.blog44.fc2.com/tb.php/1625-6fefdf76