FC2ブログ
RIMG2050.jpg

女人街というところを歩いてみた。
通路のわりに人が多すぎる…。










バッグやら小物やら、女性のほしがるものを売っているので女人街というようだが、
まあ、僕はもちろん、豆狸もそれほどそそられるものはなさそうで…。
もっと人が少なければ楽しめるのかもしれないけど。

ということで、そそくさと地下鉄にのって香港島の中環へ。
フェリー乗り場の6号埠頭まで歩き、
二階建てオープントップの「人力車観光バス」に乗ってみた。
H1とH2という2コースあり、1日乗り放題券は50HKドルだが、
どちらか1コースは17.8HKドル(だったと思う…)。
もう夕方なのでH2コースのみを回ることにした。

RIMG2058.jpg

お隣の席の日本人の方。旦那さんとお子さんと家族旅行っすな。
いつまでもお幸せに…。


RIMG2059.jpg


RIMG2051.jpg

アップルストアが見えた。
なんなんだ、この人の数は…。


RIMG2061.jpg


RIMG2067.jpg

ハッピーバレー競馬場。
明日の国際競走はここではなくシャティン競馬場で開催される。

RIMG2068.jpg


街中をぐるりと回り、40分ほどで戻ってきた。
ずっと夜風に当たっていたので香港とはいえ、さすがに寒くなってきた。
上着を持っていなかったので帰ろうかと思ったが、
すぐ隣にビクトリア・ピークへ行く15番バスの停留所があったので、
“100万ドルの夜景”を見に行くことにした(片道9.8HKドル)。

バスに揺られること40分ほど。

RIMG2071.jpg

きれいだけど、夜景とか全然興味なかった…。

ここにはピークタワーという展望台があるのだが、
入場券売り場に気がつかず、そのままエスカレーターに乗っていたら、
入り口で「チケット?」と訊かれた。
「はぁ~?持ってないし」とジェスチャーしたら「オクトパス」で入れるとのこと。

このオクトパス、コンビニでも使えるしかなり便利だ。
だいたい、バスとかお釣りくれないから(そういう決まりらしい)、
ほとんどの人が持っている。
バス停で前に並んでいた日本人の女性2人組みは持っていなくて、
「え~っ、お釣りくれないの~?」と驚いていた。

さて、帰るべ、とバスに乗った。
下りの方がガンガン進む。

しばらくして豆狸が、
お父さんの胸に顔を埋めている女の子の方をチラッと見て、
「ああ、可愛そうに」と言った。
僕が「なにが?」と訊くと、
「酔っちゃったんだよ」と。

僕はあまり気にならなかったのだが、
たしかに急ストップ、急発進が多いかもしれない。

そして、我慢できなくなったのか、
その女の子と両親は途中で降りてしまった。

まあ、子供の頃は乗り物酔いするからなあ、
しかたないなあ、なんて思っていたら、
すぐ横に座っていた別の女の子が急にビニール袋を広げて顔を突っ込んだ…。

心配そうにお父さんが優しく背中をさすっている。
ああ、もうすぐ到着だったのにね。

ということで、子供が乗り物酔いしやすいのは、
世界共通なんだなあと学んでバスを降りた。

歩き始めようとしたとき、豆狸の「気をつけて!」という声が。
「ん?」と目の前の地面を見ると、
そこにはやっとバスから開放された安堵を表現するかのようなゲ○が。

さっき100万ドルの夜景見たばかりなのになあ…。


スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://tony5555.blog44.fc2.com/tb.php/1622-1a176d5f