FC2ブログ
「俺もちょっとは運動しないとなあ」と思い、
腕立て伏せをしたら、手首を捻挫した。




負傷にもめげず、3日間連続で競馬場へ。
昨日とは比べものにならないくらい空いていた。
スタンドの席に座ると、前の段の三人組、
まだ昼前だってのに、いい感じで酔っ払っていて楽しそうだった。

4レースの障害未勝利戦で母オリエンタルアートのジャポニズムが勝った。
オルフェーヴルの兄ですなあ。3連単36,330円。
その3連単を三人組のひとりが2000円当てたようで、
「ごちそうさまです」という残りふたりを引き連れ、さっさと帰っていった。
うらやましい~、おらもごちそうしてくれ。

スタンドは空いてるのに、パドックは混んでる。
競馬終了後に「馬駆音祭」なるライヴのイベントがあるので、
それを目当てのお客さんが、まだ何時間も後なのにパドックで待っているのだ。
なので、いつも見る位置まで行くのがひと苦労。
座って弁当を食べていた女の子の足を踏んじゃったよ。(←けっしてわざとじゃございません)

ようやくいいポジションに到達、さてどれどれと馬を眺めていると、
僕の隣で敷物に座った若いお母さんが、子供に一言。

「眠かったら、ここに横になって寝ていいよ」

パドックで寝ていいのは、ダイワメジャーだけかと思ってたよ!


ま、彼女たちもライブをいい場所で見たいから待っているわけで、
仕方のないことなんだと思う。
でも、競馬場ってあんなに広いんだから、
ライブ自体をパドックでやらなくてもいいんじゃないかな。
例えば、馬場内でやれば、待っている間も芝生の上でゴロゴロできるし、
子供も走り回れるから退屈しないでいられるだろうし、
なにより馬券オヤジのストレスがなくなるのに(←これが本音)。


ということで、もう下には降りず、
2Fバルコニーからパドックを見ることにしたが、
なんだかテンション下がるし、
馬券も裏目、裏目と来るので、
最終レースの前に競馬場を出て、
渋谷にあるボクシング&格闘技用品店の「センタースポーツ」へ向かった。

豆狸が「ジムで借りているパンチンググローブが臭い」というのである。
高校の体育でかぶった剣道の面みたいな、あの臭いなのだろうか。
まあ、自分専用でも臭くはなると思うけど、それは許せるってことなんでしょう。

駅に着き、センター街の方へ向かおうとしたら、
豆狸がそっちじゃないと。
「センタースポーツ」だから、
当然、センター街にあると思ったのだよ、私は。
呆れた顔で「ちゃんと自分で場所を調べておいてよかった」
と言う豆狸の後についていった。

渋谷ヒカリエのそばにあったお店は、
ビルの3階で上の階はボクシングジムだった。
店員のおじさんはとっても親切で、
グローブを試しにつけさせてもらった豆狸に、
わかりやすくアドバイスをしてくれた。

結局、豆狸が「マネージャーともう一度相談する」というので、
バンテージだけ買ったのだが、
「ずっと続けられそうだと思ったら、また買いにおいで」と、
商売っ気のない、余裕の一言を添えて見送ってくれた。

さて、じゃあ、帰ってビールでも飲むかってんで、
ビルの階段を一歩下りたとき、
ピキッと左膝に痛みが走った。
ただ、階段を下りただけなのに…。

あ~あ、手首は捻挫、足はわけのわからない痛みって、
あたしにゃ、運動じゃなくてリハビリが必要だよ。

スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://tony5555.blog44.fc2.com/tb.php/1592-b3775279