FC2ブログ
th_RIMG1475.jpg

宇宙センターに着いた。
いつの間にか天気はピーカンだ。
ツアーの受付を済ませ、昼食をとれるところがないか訊ねると、
JAXAの社員食堂が12:30~13:30の間、一般人にも開放されるとのこと。
その時間まで宇宙科学技術館を見学することにした。

th_RIMG1472.jpg

白状すると、あんまり興味ないんだよね、ロケットとか…。


th_RIMG1477.jpg

ところが、そんな僕でもけっこう楽しかった。
好きな人だったら、1日いても厭きないんじゃないかなあ。

特に面白かったのは、
音響ホールで行われるロケット発射の爆音体験。
ゴワワワ~ン、体と椅子が振動した。

12:30を待って、車で食堂へ。
当たり前だが、中に入ると制服をきた社員の方が食事をしていた。
入り口でお金を払い、豆狸はカレーうどんを、
僕はスパゲティを注文した。


th_RIMG1474.jpg

茹でてある麺を炒める懐かしの味。300円はお安い。


さて、見学ツアーである。
我々を含め15名ほどの見学者と、
係の女性3名がマイクロバスに乗り込んで出発、
まずはロケットの丘展望所へ向かった。


th_RIMG1479.jpg

展望所からの眺め。
左の白い建物が大型ロケット組立棟、
右側にある白と赤に塗り分けられた4本の塔がロケット発射場。
真ん中左側寄りの建物は中型ロケット発射場で、
現在は使われていないそうだ。
ちなみに赤と白の塔は、
ロケットに雷が落ちないよう避雷針の役目をしているらしい。

バスの中ではガイド役の女性がパネルなどを使いながら説明してくれる。
胸に「研修中」のバッジを付けていたが、
ガイド内容は完璧に記憶していて、
資料などを見ない流れるようなアナウンスは見事だった。
これでタダってんだから、偉い!

次に向かったのは大崎第一事務所。
ここには発射されなかったH-Ⅱロケット7号機が展示されている。

th_RIMG1484.jpg

事務所というより倉庫。


RIMG1482.jpg

エンジンもね。

最後に総合指令棟を見学。
まったく知らなかったのだが、
5月18日に打ち上げ予定があり、
指令棟も作業に入っていたので写真撮影は禁止。
ロケットの打ち上げが成功し、
職員が拍手している映像を見たことがあると思うが、
その部屋がここ。

1時間強のツアーはこれで終わり。
宇宙食をお土産に買って宇宙センターを後にした。

th_RIMG1587.jpg

絶対に美味しくないと思う…。


th_RIMG1491.jpg

島の南端にある門倉岬へ寄って、
ジェットフォイルが発着する西之表港へ戻った。
17時40分、屋久島行き最終は定刻どおり出発した。

スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://tony5555.blog44.fc2.com/tb.php/1520-b4d3a273