FC2ブログ
2012.04.13 珍珍@小岩


残念! 「ぜんぜん」と読むらしい。


図書館でなんとなく手に取った雑誌が、
麺類の特集をやっていた。
読んでいたら、やたらと食べたくなった。

思い立ったら吉日、その日の夕方、
記事で紹介されている四川料理の「珍珍」さんへ。
小岩なら近いし。

京成小岩で降りて、
なんにもない住宅街を進んだところに店はあった。

先客は一皿つまみにしてサワーを呑んでいる男性客だけ。
こちらも負けずにビールと麻婆豆腐を注文した。
愛想のよい女性店主がすすめるので、
ホタルイカの炒め物もお願いした。

TS3S02010001(2).jpg

花椒だっけ? んま~、効いてる。
ゆっくり、じんわりと辛さが口に広がってくる。
すぐにビールが欲しくなってしまう。


TS3S02000001(2).jpg

こちらも辛い。いや断然辛い。
唐辛子でホタルイカが見えないし。


TS3S0202(2).jpg

飲み物がなくなったので、紹興酒をたのむ。
15年ものと書いてあったが、まろやかで美味しかった。
1本飲み切れないかと思ったが、そんな心配は無用だった。


TS3S02030001(2).jpg

ちょっと休憩ってことで、トマトと卵炒め。
当然辛くない。というか甘い。
火の通し方がgoodだった。


TS3S02040001(2).jpg

四川風担々麺。汁がないやつ。
写真がボケた。
べつに辛さで手が震えているわけではない。


どれも美味しいんだけど、
立地を考えると、ちょこっとだけ高いかなあ~。
まあ、青砥からは近いし、
辛い物が食べたくなったら、また行くと思う。


しかし、くたびれたおっさんの持ち物である、
くたびれた内蔵には刺激が強すぎたのだろうか、
食べたあと2日ぐらい、どうも胃腸の調子が悪くなった。

そんなわけで本日のお昼は、いただいた稲庭うどんを使い、
おろし納豆うどんを作って食べた。

TS3S02050002(2).jpg


あ~、ほっとするなあ…。
胃袋がそう囁いた、気がする。

スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://tony5555.blog44.fc2.com/tb.php/1496-2a9a828a