FC2ブログ
RIMG1324.jpg

朝早く新幹線に乗り、福島駅に着いた。
駅構内にある競走馬の像がお出迎え。
天気予報で寒い土曜日になると聞いていたが、
ほんとうに寒かった。
なにしろ粉雪が舞っているんだから。

バスを待っている間に凍えちゃうと心配したが、
運よく出発直前のバスに乗れ、さっそく競馬場へ。

RIMG1340.jpg

入場門で配布されていたキーホルダー(ピンクの方は日曜日に配っていた)。


RIMG1328.jpg

お昼休みにはジョッキーが整列し、来場者とともに黙祷をささげた。


RIMG1330.jpg

福島出身の木幡騎手が挨拶した。


RIMG1341.jpg

馬券は福島県のかたちや三春駒がプリントされた特別仕様だった。
13番人気のアグネスハイヤー、直線追い込むもハナ差4着。くぅ~っ。

それでもこの日は好調で、プラス収支で終了。
しかし、懐は若干暖かくなったものの、外は依然寒い。
国道4号へ出てバスを待つもなかなか来ないので、
こりゃ、動いた方が寒くないと判断し、歩いてホテルへ向かった。

25分ほど歩き、ホテルに到着。
チェックイン後、外は寒いけどお腹がすいていたのですぐに外出した。
ホテルおすすめの居酒屋マップで適当な店を選んで行ってみたものの、
チェーン店のようなつくりで、なんだかなあーという感じだ。

やっぱり旅をしたらその土地の名物なんかを食べたいもの。
そうそう、福島には円盤餃子があると思い出し、Uターン。
競馬場からの帰り道に看板を見かけた店へ行くことにした。

RIMG1332.jpg

「元祖円盤餃子 満腹」。なんとなくよさそうでしょ。

店内に入ってみたら、けっこう混んでいたが、
運よくカウンターが2席空いていたので、そこへ座る。
壁に貼ってあるメニューを見ると円盤餃子は30個と書いてあるが、
まあ、食べられなかったらオミヤにすればいいと思い、ビールとともに1皿注文した。

RIMG1333.jpg

ジャーン! 皮が薄くてパリッとしている、僕好みの餃子だ。
味はあっさりしていて、最初の心配はどこへやら、
豆狸と二人であっという間にたいらげてしまった。
美味しかった~。

僕らが食べている間にも予約のグループやお持ち帰りのお客さんが、
次から次へと来店していた。JRAの方もスーツ姿で来店していたような。
全然知らないで入ったけど、かなり人気のお店だったようだ。


RIMG1331.jpg

店は神社のそばにある。



さて次はToshi様から情報をいただいていたおでんバーへ行こうと思い電話をしたら、
「今日は、予約のお客様で満席なんですよ~」とのこと。残念。
仕方がないので、またも通りすがり作戦に出た。
近くに「ワイン600円~」と書いてある店があった。
しかし、重そうな扉で、中の様子もわからない…。
う~んどうする? 
ま、悩んでいると体が冷えし、入っちゃおうということで扉を開けた。
店内はカウンターのみの落ち着いた感じで、先客なし。
おすすめのワインを1本お願いして、オードブルをつまみに、
お国訛りがほほえましいソムリエさんと会話をしながらの楽しいお酒になった。
1本呑んで、もうちょっと、とも思ったが明日の予想もあるし…、
ということで切り上げ、ホテルへ戻った。
(後日調べたら、ワインバー・ルラーシュというお店だった)

風呂へ入り体を温め、ちょこっと予想でもすっか、
とベッドの上で競馬新聞を広げていたら、いつの間にか熟睡してしまい、
メガネを取ってくれようとした豆狸に「なんでとるんだよ~」と言ったらしいが、
当然、そんなことは翌日聞かされてもまったく覚えていなかった。


スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://tony5555.blog44.fc2.com/tb.php/1494-0dd4172b