FC2ブログ
RIMG1208.jpg


フリオーソの復活なるか。
チャンスセンターのある数寄屋橋から船橋競馬場へ向かった。

休養明けの前走、川崎記念ではスマートファルコンの3着だったフリオーソ。
一叩きされて状態はアップしている、はず。
そう期待してパドックを周回するフリオーソを見た。

ところが、僕にはオーラというか、迫力が感じられなかった。
悪くはない…、でも、いつものグッとくるような雰囲気がないのだ。
もちろん、フリオーソここにあり! そんな強い勝ち方で復活をはたし、
再びJRAのレースに挑戦してほしい、そう思っていたが、
心の底からは信じられなかった。

RIMG1216.jpg

好スタートを切ったフリオーソは外枠から果敢に先頭へ。
12頭を引き連れて逃げる。(写真は1周目のゴール前)

しかし、フリオーソはゴールまで逃げ切ることはできず5着に敗れた。
優勝したのは、レース序盤でポジションを押し上げ、
フリオーソをぴったりマークしたランフォルセ。
そして、ともに中団を追走していたピイラニハイウェイと、
トーセンルーチェ(フリオーソの半弟)がゴール前伸びて2、3着に入った。

「う~ん、さすがに衰えたのかなあ…」
いっしょに観戦していためーじん様がぽつりと言った。
すでに8歳という事実を冷静に受け止め、
過剰な期待をしてはいけないのかもしれない。
しかし、8歳だから以前のように走れないとも限らない。

もう一度、フリオーソの走りに“熱狂”してみたい、
僕も、(たぶん)めーじん様もそう思っている。

RIMG1222.jpg

表彰式のあと、ファンにサインする優勝ジョッキーの横山典弘騎手。
サインをもらった人が「なんだよ~、ただ“ノリ”って書いてあるだけじゃん」と、
友人にグチっていたのが面白かった。

サインなんてそんなもんじゃないの~?



スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://tony5555.blog44.fc2.com/tb.php/1479-f0cb456b