FC2ブログ

ひきこもり 思い出以外 ネタはなし
と、いうわけで今回も後半部分は、
またまた思い出話になってしまいます。



え~っと、
話は中年自転車部で映画を観たあとの続きです。
4人は日の丸酒場へ移動して、
もてぎエンデューロの反省会&祝勝会?(13位なのに)をしました。

日曜日の9時過ぎだってのに混雑している日の丸の座敷で、
ハイボールを呑みながら、赤貝やカキフライを食べてワイワイガヤガヤ。
で、いつしか話題は自転車に関係ない野球の話になりました。

「クライマックスシリーズ見た?
SBは引き分け以上で日本シリーズに行けるんだから、
12回表に点を取れなかった西武の裏の守備って、あれほんと意味ないよね。
いや、それ以上にわけわからんのが、その西武がなぜ多村を敬遠するかだよ」
なんて、僕がグタグタと話をしていると(野球に興味ない方々、すみません)、
ウーロン茶を飲んでいた段持さん(←下戸です)が一言。




「俺、むかし、マニエルのホームランを顔にくらった

まにえる

試合中、野球そっちのけでお弁当を食べていた隣に座るKちゃん(いまの奥様)を、
自らの身を挺して赤鬼弾から守ろうとした結果、
ワンバウンドしたボールが段持さんの右頬を直撃したそうです。

この痛そうだが、笑ってしまうホームランの話を聞いて、
僕もあることを思い出しました。
それは肉体的には痛くなかったのですが、
ちがった意味で痛くて笑ってしまうホームランの思い出です。


それはそれはおおむかし、
南千住に東京スタジアムという球場がありました。
そこはオリオンズ(のちのマリーンズ)のホームグラウンドで、
そのころはまったく人気のなかったパ・リーグの試合が行われていました。
あの頃の小学生男子はほとんど野球が好きで、
僕も例外ではありませんでした。で、下町といえばなんといっても巨人です。
(あっ、日の丸酒場も猛烈なG党なんで、店で悪口を言ってはいけません)
しかし、チケットが入手困難だった(と思う)ジャイアンツ戦を見るのは夢のまた夢、
墨田区に住んでいたこともあり、
親がたま~に連れて行ってくれたのは東京スタジアムでした。

その思い出の試合はオリオンズと東映フライヤーズ。
巨人ファンだったその頃の僕は、
パ・リーグにあまり興味はなかったのですが、
それでも張本勲や大杉勝男など、
強打者がいたフライヤーズは好きな方でした。

ほんとむかしの話なんで、ちょっと記憶は曖昧ですが、
試合はフライヤーズが負けていて終盤を迎えたと思います。
で、たぶん7回か8回か、とにかく試合の途中で親が「もう帰るぞ」と。

まあ、小学生の子供を連れてきているわけで、
時間が遅くなれば明日に影響すると親が考えるのももっともです。
僕も最後まで見たいと少しは思いましたが、
駄々をこねるほど見たいわけでもなく、
すんなり言うことをききました。

そして翌朝、試合どうなったのかなと新聞を開くと、

「東映フライヤーズ、







5打者連続ホームランの日本記録!」



球史に残る瞬間を“見事に”見逃したわけです。
そして「5打者連続ホームラン」という文字を目にしたときの胸の痛みは、
今も忘れることができません。

ちなみにこの記録はいまだに破られていません。



スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://tony5555.blog44.fc2.com/tb.php/1427-7645158c