FC2ブログ
51Kmz3hHyYL.jpg

午前10時の映画祭で上映されている
「ヤング・ゼネレーション(Breaking Away)」を観てきました。


それはそれは大昔にテレビで一度観ただけの映画なんですが、
とにかく「もう一度観たい!」と思っていた一本なんです。
あまり話題にされることがないので、
知名度が低いのかなあなんて思っていましたが、
第二回午前10時の映画祭の上映リストに入りました。
あとで知ったのですが、アカデミー賞で脚本賞を受賞しているんですね。

劇場で観られるとわかったらすごく嬉しくなって、
カレンダーの11月5日(市川コルトンプラザで公開される日)の欄に、
「やんぐ・ぜねれーしょん」と書いて、
「早く来ないかなあ~5日」と遠足を待つ小学生状態で待っていました。

「あ~、面白かった!」
一度観たらストーリーはもちろん、
細部まで忘れないという人もいるでしょうが、
僕は物覚えがおそろしく悪くて、
また、何十年ぶりに観るということもあり、
覚えてないシーンがたくさんありました。
そのせいか、初めて観る映画のように楽しめちゃいました。
記憶力が弱いのもこういうときにはいいですね。

主人公の乗る自転車の色が、
僕の自転車と同じ赤だったのを見て、
「ひょっとしたら、この自転車に憧れていたのかも」
なんて思いながらスクリーンを眺めていました。

観終わって出口へ向かうとき、
後ろで若い女性が話しをしていました。
「感動しちゃったんだけど」
「私も~、ちょっと泣きそうになっちゃった」
「うん、でも、
字幕が出てきたからびっくりしちゃった
「そうそう、吹き替えじゃないの?って焦ったよ」


洋画はふつう字幕でしょ、と思うおっさんとしては、
逆に吹き替えだったらびっくりしますが、
やはり今の“ヤング・ゼネレーション”とはギャップがあるんだなあと、
しみじみ感じながら劇場をあとにしました。

スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://tony5555.blog44.fc2.com/tb.php/1423-ee0f2fd0