FC2ブログ
○12/18 ~こんな日もある~

予想外に高くつきましたが、お土産も兼ねているワインを買ってひと安心。
ついでに、他の買い物もしようということになりました。

次に向かったのは「Conserveira de Lisboa」。
缶詰3_convert_20110601104258

缶詰1_convert_20110601104338

壁一面に積み上げられた商品は、魚介類の缶詰。
けっこうな種類があります。


缶詰2_convert_20110601104408

このパッケージデザイン、日本では考えられないですよね。
素晴らしい!

かわいい店員さんが「これは、イワシ、これはタコね」
と、とても上手な日本語で説明してくれました。
「じゃあ、これと、それから、これも」なんてやっていたら、
またもや20缶も購入することになってました。
ちょっと重たかったので、
Terreiro do Paco駅から地下鉄に乗って一旦ホテルへ戻りました。

さて、そろそろお昼時です。
事前に調べておいたバイロ・アルト地区にあるレストランへ向かいました。
ところが、ネットで見たのと店の雰囲気が変わっていて、
しかも夜のみ営業に。

気を取り直して、バイシャ地区に戻ってレストランを探しました。
いつものように勘だけを頼りに入ったお店は、
小さなレストランが並ぶSapateiros通りにある「Restaurante O Arc」。

ARC_convert_20110601120318

チェックのテーブルクロスが可愛いお店です。
そんなお店でもポルトガルのおっちゃんたちは、
かなりの確率で昼間から酒を飲んでおります。
一人客もグループ客も、壁の上のテレビを見ながら、
ワインやウイスキーをガブガブ飲んでました。
う~ん、負けてられん。

ガイドブックによると、「ポルトガルのレストランでは席に着くと、
黙っていてもいくつか前菜が出てくる」とあったのですが、
今まで入ったところは、出てきませんでした(たぶんかなり安い店だったから?)。
ようやく、ここでお目にかかりました。

おりーぶ_convert_20110601121530チーズ_convert_20110601121550

オリーブとチーズ。パンとバターも出ました。
食べなければ料金は取られないらしいですが、
せっかくなんで大きめのカラフェから赤ワインを注ぎつつ、
オリーブとチーズは食べてみました。
美味しいなあ~。ガブガブ飲みたくなるはずだわ。というか飲んでるし…。

またまたガイドブックによると、「ポルトガルの料理はかなり量が多いので、
小食の人はMeia Dose(半分の量)を頼んでは」とあったので、
お願いしたら、フロアの男性はちょっと困った顔をして、
メニューの金額を指差して、「これでいい?」という感じ。
安いので、きっと設定がないのかなと思いOKしました。


バカリャウアブラーシュ_convert_20110601122722

バカリャウ・ア・ブラス(干しダラをポテト、玉ねぎと炒めて卵とじにしたもの)。
うまかった~。もう一回食べたい。

リゾット_convert_20110601122751

連れ=豆狸が注文した魚介のリゾット。
いいダシ出てまっせ! 量もたっぷり。

ぷりん_convert_20110601122945

二人ともスープ(これもgood)も飲んでいたので、
パンに手をつけなかったものの、ほぼ満腹になりました。
僕だけプリンとカフェをお願いして、トータル23.6ユーロでした。

昼のアルコールはなぜか効く。
そしてまたしても時差ボケか、猛烈な眠気に襲われたので、
ホテルに戻ることにしました。

気がつくと昨日と同様、外は真っ暗。
しかも連れ=豆狸は、まだ熟睡中です。
狸寝入りか? と思いましたが、ピクリともしません。

まあ、けっこう歩いたし、疲れてるのでしょう。
そのまま寝かしておいて、自分はテレビをつけて、
ユーロスポーツでやっていた馬術を見て過ごしました。

もともとあくせくした旅行はしたくなかったので、
こんな日もありということで、3日目は終了。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://tony5555.blog44.fc2.com/tb.php/1326-85149135