FC2ブログ
階段
○12/18 ~ワインを送る~

昼寝を6時間して、寝たのが午前3時半…。
これでは早起きができるわけもなく、
ぐだぐだしながら、10時ごろにようやくホテルを出発しました。

とりあえず地下鉄でも乗ってみるかと思い、
ホテルから一番近いAvenida駅へ向かいました。
自動販売機で1日乗車券を買うため、タッチパネルを操作します。
わかってんの? という不信な顔の連れ=豆狸をよそに、
「簡単簡単、これだよ、これ」と軽快に画面をタッチしていたら、
1日券を2枚買うつもりが、2日券が1枚出てきました。
情けない…。

※1日乗車券はバスや市電も乗れます。カード発券料金0.5ユーロ+3.75ユーロ。

地下鉄_convert_20110527140902

地下鉄車内の様子。
ポルトガルの地下鉄は、赤、青、黄、緑と、
路線ごとに色分けされていてわかりやすいです。

2つ先のBaixa-Chiado駅で下車して、
向かったのは、「ナポレオン」というワインショップです。
日本を発つ前から、お土産と自分用に、
(物価が安い)ポルトガルでワインを買おうと決めていました。

ずらりと並んだワインボトルを眺めていると、
ちょっと年配の店員さんが、試飲をすすめてくれました。
ぷは~っ、うまい。
英語で、いろいろ説明してくれて、
「なに? もっと安いの? じゃあ、これは?」と親切に対応してくれます。
もともと数本は買うつもりでしたが、ついおじさんに乗せられた僕は、
「あっ、そうなの、じゃあ、これも買おうかな」と次々注文、
結局、自分用のヴィンテージポートワイン(たいした値段じゃないですよ)と合わせ、
12本も買うことになってしまいました。
もう、これは配送してもらうしかないですなあ。
すると、「もちろんOK。ニッポンでしょ。すぐ着くよ」(←こんな感じ)。
じゃあ、お願いしますというと、レジのお姉さんがピピッと計算してくれて、
レシート(というか計算書)を渡してくれました。

えっ、こんなに?

よ~く見ると、配送料が208ユーロ!

もう、ここまできて「配送料高いから、やっぱやめる」とも言えず、カードを出しました。
ワイン本体より高いし…。

まあ、考えてみれば東京から沖縄へ物を送るのだって数千円するのですから、
このぐらいは当然なんでしょうね…。あらかじめ訊かなかった僕が悪いのです。

ちなみに、本人が帰国する前に、ワインはすでに届いておりました。
とても丁寧に梱包してありました。
飲んでみると、やっぱり美味しい! これ、負け惜しみじゃないですから、ほんとに。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://tony5555.blog44.fc2.com/tb.php/1324-a68e8849