FC2ブログ
みやげ2

○12/17 ~フランス料理だったのね~

リスボンの中心地は大きく分けると4つあります。
サン・ジョルジェ城があり古い街並みの残るアルファマ地区、
「低地」という意味のバイシャ地区は、道路が碁盤の目状になっている繁華街、
シアード地区は高級レストランやブティックがあるファッショナブルな場所、
そして、「高地」という意味のバイロ・アルト地区は、
ファドを聴かせる店やBARがひしめく夜の街です。

さて、コメルシオ広場のあるバイシャ地区から、
今度はバイロ・アルト地区へ移動です。

ビッカ線
このケーブルカーはビッカ線。

やはり、「夜の街」だけあって、昼間はひっそりとしているバイロ・アルト地区、
レストランやBARも昼間はやっていないところが多かったです。

しかし、そろそろお腹がすいてきたので、営業しているレストランを見つけて適当に入りました。
けっこう混雑していて、作業着姿のおっちゃんが食事しているカウンターへ案内されました。
ふ~む、定食のようなものを食べていらっしゃります。
黒板に何やら書いてあり、きっとこれらがランチの日替わりメニューなんだろうなとは想像できましたが、
はたしてどんなものかがわかりません。
困ったなあと思ったとき、「Cordon bleu」の文字が…。
あ~、食べたことないけど、たしか鶏肉のトンカツみたいなやつ?
ポルトガル料理じゃないけど、腹ペコで考えるのもいやなので、もうこれでいいやと、
連れ=豆狸も同じものを注文しました(5.5ユーロ)。
水とパンをもらって、最後にカフェを飲んで、二人で15ユーロぐらいでした。
けっこう美味かった。空腹にまずいものなし、です。


レストランを出てぷらぷら歩いていると、見晴らしのいいところに出くわしました。
サン・ペドロ・デ・アルカンタラ展望台です。
サンペドロ2

左の奥に見えるのがサン・ジョルジェ城です。


グロリア線

すぐ脇を走るグロリア線のケーブルカーを眺めつつ坂を下りると、
街の中心部を南北に通るリベルダーデ大通りに出ます。

まだ、3時位だったのですが、ちょっと歩き過ぎて疲れたので、
一旦ホテルに帰って昼寝をすることに。
ところがやっぱり時差ボケですかね、なんと目が覚めたら夜の10時前でしたorz…。

(つづく)

※「2日目その1」で訪れたカテドラルのステンドグラスの写真がありました。
すてんど1

すてんど2

スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://tony5555.blog44.fc2.com/tb.php/1321-4925e5d1